header

創立1989年・豊富な実績と信頼!フィリピン唯一の日系航空大学「FDSA航空科学技術大学」!


Welcome to FDSA 航空科学技術大学

航空学校にようこそ

FDSA Aviation College of Science and Technology, Inc. (FDSA 航空科学技術大学)は、航空科学テクノロジー教育に於ける国が認めた機関であり、設立当初より国際的水準を満たす各種航空技術者を育てる機関として高い 水準を保ち、数千名の卒業生は世界中の一流企業にて第一線で現役活躍中です。

ー航空学校のプロフィールー

1988年英国大学留学にて航空先端技術を専攻し、空軍講師として長年の実績を持つ「JUANITO M. DELACRUZ」によってマニラ国内空港にて「LINKFLIGHT AVIATION SCHOOL」を開設。
1989年久田信良が飛行訓練装置の改善、改良に関するビジネスパートナーとして当校に取締役副社長として就任。
固定翼機に加えてヘリコプターを導入。

政府機関と共に民間用の固定翼航空機の設計・開発~試作プロジェクトを手掛ける。

1990年マニラ国内空港に於ける当校の運営は、空港経費の急激な高騰に直面し学生方への負担増加を避ける為に拠点の移設を決定。
1991年新空港 マクタン国際空港 に拠点を移設。
1995年マニラに於ける我々の活動は、フィリピンの経済危機により、全ての活動拠点をセブに移行し学校名を「FLIGHT DYNAMICS SCHOOL OF AERONAUTICS」(FDSA)に変更登記。
創設者 : 久田信良、JUANITO M. DELACRUZ。 

※ SEC-証券取引委員会 登記番号 CN095-000235

2004年学生さん方のスクーリングライフを快適にさせる為に別のキャンパス設置を決定。
一般操縦訓練の校舎を何処に移設するかの問題に直面し、別棟に一部の学科を移転した事により結果的に大きなメリットを生み、当校の大きな発展と進歩となる。
2013年航空事業部門を独立させ、新グループ会社を設立。
日本総代理店設立 (顧問 : 元JAL一等航空整備士)。
2015年6月クラークキャンパスを姉妹校として新規設立拡張 同年6月初開校第一期生(第一学年)入学

※ SEC-証券取引委員会 登記番号 CS201407871 
※ 国税局識別番号 008-762-171

2015年11月CSV活動にて、カビテキャンパス(DTS専門校)を新規設立

※TESDA(NTR)認定 ライセンス番号 20150402359
※TESDA(DTS)認定 ライセンス 番号 IVA-12016-04

日系大手メーカー様とDTS契約締結

2016年~2017年ラグナキャンパス姉妹校及びバタンガスキャンパス姉妹校を新規設立拡張準備進行中

私達「FDSA 航空科学技術大学」は、TESDA及びCHED認可の基で高度な人材育成に依る益々の社会貢献を目指しています。