「やくざ」に制裁=薬物取引や人身売買で-米大統領

 【ワシントン時事】オバマ米大統領は25日、国境を越えた犯罪行為で利益を上げる「国際犯罪組織」に金融制裁を科す大統領令に署名、薬物・武器取引や人身売買を展開しているとして、日本の「やくざ」を制裁対象に指定した。

同日発表した「国際組織犯罪に関する大統領戦略」の一環で、このほか、イタリア、メキシコ、旧ソ連を拠点に活動する3団体を制裁対象に含めた。

財務省の声明は、日本の暴力団が2008年時点で8万人の構成員を抱えると指摘。
覚せい剤を中心とした薬物取引や武器密売のほか、東アジア各国の犯罪組織と連携し、売春や人身売買などの「深刻な犯罪」を行っていると言明した。

また、建設・不動産・金融業界でフロント企業を使って違法な収益を上げる一方、米国内でも薬物取引やマネーロンダリング(資金洗浄)などの活動を行っていると説明した。
ただ、声明では、暴力団の具体的な組織名を挙げていない。(2011/07/26-01:35)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011072600027

(以上、jijicomより)

これは、犯罪組織にとって大打撃ですね。

此処フィリピンも「暴力団員」は基本的に入国拒否対象になっていますので、うまく入国出来ても団員と名乗っただけで国外退去、ブラックリストになります。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です