「フィリピンを支援したい」 個人がブログで呼びかけ330万円!!フィリピン大使館へ~ロペス大使がお出迎え!!

“総裁”のニックネームで知られるWebサービス/アプリ開発者の村上福之さんが自身のブログで台風被害のフィリピンを支援するための寄付を募ったところ、605人から330万円集まったそうです。
村上さんは協力してくれた人たちのリストと現金を持って都内のフィリピン大使館を訪問。
そこでマヌエル・ロペス駐日フィリピン大使と面会したことをブログで報告しています。
 
村上さんがブログを通じて支援を呼びかけたのは台風直後の11月12日。
世間にはいろいろな寄付団体がありますが「寄付した人の思いに対して正常に機能しているか疑わしいケースが多い」と考え、集めたお金を直接フィリピン大使館に持っていくスタイルをとりました。
「大きな団体になればなるほど、パブリシティも大きいので、集まる金額も多いのですが、寄付していただいた方々の意思がどこまで尊重されているかは判断が難しい」
 
村上さんは過去にもこの手渡しスタイルで募金を呼びかけた実績(タイの洪水被害、つくば市の竜巻)があり、今回はこれらを超える320万円以上が集まりました。
さらに村上さんが端数の2万円ちょっとを足してぴったり330万円に。
そしてこのたびフィリピン大使館への訪問が実現。無事手渡せたそうです。
 
「最初はフィリピン観光庁の対応だったのですが、皆様の想いを聞いて、特命大使のロペス閣下がでてきてびっくりしました。感慨深い1日でした」と村上さん。
フィリピン大使館では、ネットで募金を集めて持ってきた前例がなかったそうで、村上さんの行動に対し「あらゆる意味で『訳が分からないよ』という感じ」の反応だったそうですが、それでも大使が出てきてくれるなんてずいぶん手厚い歓迎です。
 
村上氏
 
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1311/29/news105.html
 
(以上、ねとらぼ より。)
 
支援金詐欺サイトが氾濫している中で、村上氏のサイトは本物の行動です。
素晴らしいですね!!
 
しかし・・・スーツと靴の組み合わせが・・・あと、ネクタイ・・・ 袖・・・私もスーツを着ると全くこんな感じになります。
 
フィリピン大使館は、ちゃんとそのお金をフィリピンの被災地に届けてくれるのか??
失礼ですが心配になってきます。
 



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

7 返信
  1. Ryuchan
    Ryuchan says:

    私も同じ感想です。
    出来れば、現地まで出向いて被災者に直接手渡すべきですね。
    フィリピン政府に渡った現金とかは絶対に現地まで届きませんよ!

    返信
  2. パパアキー
    パパアキー says:

    人を思いやる気持ちは、日本人の美徳であり高い民度です、しかし援助される側が、援助する側と同じ民度とは限りません、大口を開けたワニに肉を差し出す行為になるかもしれない現金支援、知らないことは罪ではないが、多くの善意を無駄にしないためにも、被援助国の実情を調べてから行動してもらいたい、多くの被災者の知らないところで、災害長者が私腹を肥やす、悲しい事だが、それも現実のフィリピンでしょう。

    返信
  3. fdsa
    fdsa says:

    Ryuchanさん。
    コメントをありがとうございました。
    全くその通りですね。
    当地(フィリピン)の経験が長くなると、此ればっかりは諦めるしかないと云うところがはっきりしてきます。
    被災者に直接手渡さなければダメですね!

    返信
  4. fdsa
    fdsa says:

    パパアキ―さん。
    コメントをありがとうございました。
    日本人の美徳と高い民度から支援をして頂いた方々の為にも、その国の実情を調べてから渡す方法を決めるべきですね。
    そうすれば、在日フィリピン大使館やフィリピン政府などに直接手渡すなどと云う残念な行動には至らなかった筈です。
    フィリピンの政府機関などは全く信用が出来ない代表格です。

    返信
  5. Ryuchan
    Ryuchan says:

    11月19日にフィリピン・マニラのDPWH・Department of Public Works and Highwayに突撃インタビューした時の動画です。

    マニラの責任者のオバさんはマトモな事を言ってますが、被災地現地では混乱を極めているようですね。
    4年前に居た親戚のセクションマネージャーは、アキノ政権に変わった時に台風被害の援助物質をガメたとか不正を追及されて辞職してたようです。

    返信
  6. fdsa
    fdsa says:

    Ryuchanさん。
    コメントをありがとうございました。
    DPWHと云えば、裏金工作の温床ですね。
    日本の商社やゼネコンからも大きな金額のアンダ―テーブルが動いているとかなんだとか?
    災害支援金だけはちゃんと届けてもらいたいと願わずにはいられません。
    そうかと言って「物資援助」だと、此れまた法外な関税を掛けられます。
    リリースされないと高額な保管料請求がきますから、発地側へセンドバックするしかない時もありますね。
    一定の保管期間が過ぎると、荷主側の所有権が無くなるのでしょうか、オークションに掛けられてしまっていますね。
    (恐らく幹部クラスの腹黒税関は、此れが目的なんでしょう。)
    真面目な税関職員がかわいそうです。

    返信
  7. Ryuchan
    Ryuchan says:

    ハハハ! やっぱり実態はそんなモンでしょうね。

    4年前の11月に其処の人事部のマネージャーが嫁さんの親戚だったんですが
    その年の台風被害の援助物質の食料や飲み物を、事務所の昼食時に勝手に開けて飲み食いしていましたよ。
    被災現地まで輸送手段が無いとか苦しい言い訳をしてましたがね。

    おそらく彼はマルコス時代からアロヨ政権の時まで上手く立ち回って居たんでしょうけど、アキノ政権になった時に年貢の納め時だったみたいです。
    現在は長男が建築設計士で政府関係の仕事をもらっているようで、それを手伝っているようでした。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です