「日本を助ける。四川地震の時の救助隊と援助忘れない」=中国首相 / 大震災、支援申し入れは91の国・地域

中国の温家宝首相は、国会に相当する全国人民代表大会に関連して行われた記者会見で、「日本が必要とする支援を続ける考えだ」と述べた。
2008年に発生した四川大地震に際して日本が行った救助隊派遣と支援物資の贈与に触れ、「他人ごととは思えない」と述べた。

温首相は、11日に発生した東北関東大震災について「歴史上まれにみる大地震が、日本の人々と(社会・個人の)財産に莫大な損害をもたらした」、「この場をお借りして亡くなった方を深く哀悼し、すべての日本の人々に心からのお見舞いを申し上げる」と述べた。

中国の救援隊が13日に日本に到着し、第1陣の援助物資もすでに到着したことに触れ、「日本側の求めにもとづき、必要とする支援を続ける考えだ」と説明し、記者会見に出席した日本人記者に対して「どうか、この考えを(日本側に)伝えていただきたい」と述べた。(編集担当:如月隼人)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0314&f=politics_0314_010.shtml

(以上、サーチナより)

四川大地震の時は、日本の援助隊の真剣な姿に感動した中国の方が数多く居ました。

ー大震災、支援申し入れは91の国・地域ー

今まで日本は世界の何処かで災害が起きると、積極的に支援して来ました。
その事実と実績が世界各国で認められていた証明が正にこの支援申し入れに現れています。
日本は、各国の支援を受け入れて一刻も早い被災者救出に全力を挙げる事が最優先です!
国対国の歴史的感情等は、この深刻・緊急の場で議論するべきではありません。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です