【中国ブログ】女児ひき逃げで通行人放置、「言論統制」されたリツイート!

広東省で2歳の女児が1台のワゴン車に2度もひかれて逃げられ、さらに別のトラックにもはねられた挙句、18人の通行人に無視され続けた事故について、中国人ブロガー「顔落」さんが感想を書いている。

女児は最終的にゴミ拾いのおばさんに助けられたが、事故後、このおばさんに対し「売名行為の自作自演でやったんだろう」という見当違いな批判もあったと報じられている。

ブロガーは「ニュースを知って辛くなった。傍観者たちの冷淡で麻痺した感覚はひどかった。でも、私もただのニュースの傍観者でしかない。何と言ったらよいのだろうか」とひどくショックを受けた様子。

そんな時、ブロガーはたまたま「微博(中国版ツイッター)」で、有名人の書いたあるコメントを見かけた。
「自分の民族を強烈に卑下したくなった。18人もいたのに。この無力感や劣等感は、天宮一号を18機打ち上げても立ち直れないほどだ」というもの。
天宮一号は、中国が9月29日に打ち上げた宇宙ステーション建設のための実験機。ブロガーはこのコメントに共感し、リツイート(転送)した。

だが翌日、そのコメントはネットポリスから「マイナスイメージを形成する」などの理由で非難を受けてしまったという。
国家プロジェクトの天宮一号を引き合いに出したのが良くなかったようだ。

これに対しブロガーは、「コメントを大げさに問題視する理由が理解できない」、「おかしなことが起きたら、それに対する不満や批判が出るのは当たり前ではないか」と反論。
ネットポリスに対して恐れることなく、正論を主張した。

文末では、「ニュースを見て最初は激しく憤ったが、今ではむしろ自問自答している。この民族は今こそ自問と反省を行うべきではないだろうか。『無関心はいけない』などのスローガンで終わらせてはいけない」と記し、中国社会を覆う道徳崩壊に対し、強い危機感を示していた。(編集担当:西山正)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1018&f=national_1018_178.shtml

(以上、サーチナより)

動画をUPするか迷いましたが・・・。

目を覆いたくなります。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

6 返信
  1. パパアキー
    パパアキー says:

    今日は、同じ動画をビコルさんのブログでも拝見しました,何度見ても日本人の自分には、理解でき無い、道徳崩壊と言うよりも、人間性の欠如だ
    と思う、中国は反日思想教育に、金と時間を使うより、道徳教育に転換するべきだと思う、さもなくば、とうからず国が、崩壊するだろう。
    (私の本音!くたばれ中国)

    返信
  2. FDSA
    FDSA says:

    パパアキーさん。

    コメントをありがとうございます。
    やはり、同じ動画をUPされている方も多いようですね。
    それだけ、私達日本人にとっては全く理解不可能・驚くべき中国人方の行動です。
    この感覚をもった中国人方が来日していると思うと怖いものがあります。
    「崩壊」の二文字が目に浮かびますね。

    返信
  3. パパアキー
    パパアキー says:

    本日,日本のTVニュースでも、この動画が放送されました、中国では他人に
    関わるなと、言われているようで、類似の事件事故が、多数起きていっる様です。
    話は変わるのですが、FDSA様は、国旗の重み、と言う動画をご存知でしょうか?シリーズ物ですが、大変感動する動画です、もし気に入られたら貴殿のブログで、みなさんに紹介してください。

    返信
  4. FDSA
    FDSA says:

    パパアキ―さん。

    日本国内のニュースで、この類の動画が取りあげられていたとは・・以前は余りなかった事ですね。
    「国旗の重み」ですか?
    「題名」からして感動を与えてくれそうですね。
    今度、掲載させて頂きます。
    情報をありがとうございます。
    当ブログは、閲覧者様がごく少数ですが、紹介をさせて頂きます。

    返信
  5. パパアキー
    パパアキー says:

    本日、こんな記事みつけました!!
    中国で貧しい老人達が行う路上サギが社会問題となっている。「美人局」ならぬ「老人局」と呼ばれるこのサギは、人の善意を悪用したもの。
     ケガをして路上にバタリと倒れ込んでいたり、壁やフェンスに意識を失った様にぶら下がっていたりと、一見すると誰もが手を差し伸べずにはいられないような光景。しかし、「大丈夫ですか」と手を差し伸べたが最後、老人達が善意の人々に牙を剥くことになる。
    「この人に押し倒されてケガをした!」と騒ぎ立て、賠償金をまきあげるあというトンでもない罠なのだ。
     中国衛生部(厚生労働省に相当する政府機関)は、この国中で大流行する老人による行き倒れサギを防ぐ為に、「老人が転倒した場合の対応マニュアル」を発表した。その内容は驚くべきモノ。
     マニュアルによると、「もし目の前に老人が転倒している場合、まず老人を観察して、意識があるかを確認すること」、「もし意識が残っていれば、まず、転倒に至までの経緯を覚えているか、確認すること」、「救急車を呼ぶ時は、必ず老人の家族にも連絡を入れること。そして、必ず老人の家族と一緒に病院まで搬送し、検査を受けさせること」と、ここまでは理解できる。
     しかし、最後に強調されているのは、「その場に第三者がいない場合は、絶対老人に触れてはいけないこと」や「できれば、カメラやビデオで救助過程を収めること」のような「救助者への保護措置」のための項目だった。
     このマニュアルが、老人を守る為ではなく、善意の救助者を守る為のものであることがはっきりと分る。
     この「老人局」詐欺について、中国の社会問題に詳しいジャーナリスト趙雲龍氏は、「中国人は、因果関係を強く意識する民族。自分がやっていないのに、わざわざ被害者を助けるのは、不自然な行動パターンととらえられやすいですね。ですから老人が騒ぎ立てると、周囲から事件の当事者と見られて被害に遭いやすいんでしょう。特に最近は、お人好しな日本人観光客を狙っているケースも増えているので、くれぐれも要注意です!」と語っている。
     なお、政府の交付した前代未聞の老人サギ対策マニュアルに対してネットは大炎上!
    「年寄りが倒れた場合、じっくりと観察し、じっくりと考え、じっくりと躊躇して、死んで動かなくなってから電話しろということか」
    「手元にカメラがなかったら、老人を見殺しにしろということか」
    「老人を見たら詐欺師かと疑わないといけないなんてまったく、悲しい社会だ」
    などの批判が相い次いだ。
     ところで、この騒動について、WWNの単独取材に応じてくれた衛生部幹部のX氏は、マニュアル作成の「恐るべき本当の理由」をこっそりと教えてくれた。
    「実は、このマニュアルは重大な国策なんだよ。現在、中国は凄まじいスピードで高齢化が進んでいる。現状でも65歳以上の高齢者が、1億5000万人もいるが、まだまだ序の口。2050年には重度の高齢化の段階に入り、高齢者の人口は4億3700万人と全人口の30%以上を占めるようになると予測されている。この大量の老人が国にとって大きな負担になるのは間違いない。ここで名案が浮かんだんだよ。高齢者は毎年約3割が転倒すると言われている。つまり、今でも年間 4000万人以上が1度は転倒事故を起こしているということ。そして、老人は転ぶと、骨折、脳出血、脊髄損傷などが起こりやすい。その場にほって置けば置く程死ぬ確率は高まる。つまり……名案だろ(笑)」
     う~~~む、恐るべきは老人達か政府か…。恐るべし、中国!いや、恐るべし、中国の指導者たち!若い間は国の為に使えるだけ使って、「社会の負担」の年寄りになったとたんに切り捨てていく。しかも、国民の手を借りて、国策として堂々とやるなんて!
     中国のお家事情はともかく、老人達が、お人好しな日本人観光客を狙い撃ちとは恐ろしい話。くれぐれも中国を旅する時は路上に倒れた老人達に注意して欲しい(苦笑)。

    先日の少女見殺しといい、老人の行き倒れ詐欺といい、中国国民は、腐ってる、国の崩壊は近いでしょう。

    返信
  6. FDSA
    FDSA says:

    パパアキ―さん。

    コメントと情報をありがとうございます。

    これには「ビックリ仰天」しました!
    こんな事が実際に起きていて、その対応策にも「裏」が存在して・・。
    しかも、「お人好しな日本人観光客」がターゲットになってもいるのですね。
    余程、気を付けないと我々日本人は確かに「倒れている人」を見かけたら放って素通りなんか出来ませんから。
    やはり、これが中国の現実・・崩壊が近いと言う理由に頷けますね。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です