【中国ブログ】日本人との交友で傷つくことを避ける方法とは?

ある中国人留学生は、「日本人は役柄を演じながら生活している。
もしもその役柄を越えて本当の友だちになりたいとしてもそれは不可能に近い」と自身の感想を述べている。
中国人ブロガーの「NEKONOMATI」さんは自分のブログの中で、「日本人を1つの型にはめて論じることは不適切」と認めつつも、「自らの留学体験を通して上記の留学生が述べた感想にある程度同意できる」とつづっている。

「NEKONOMATI」さんは日本に来てもうすぐ3年になるが、これまでにいくつものグループ活動に参加してきたそうだ。
そして「日本の若者たちはそうした活動の終わりに、いつものようにお互いの携帯番号や連絡先を交換していた」と述べた。
初めのうちは友だちになりたいという誠意の表れと受け取り、自分もまじめに携帯番号や連絡先を交換していたのだが、後になって「友だちになりたいから交換しているわけではないことに気付いた」と述べている。

その証拠に、「今まで携帯番号を交換した人の中で本当に連絡してきたのはたった1人だけ」だそうだ。
また別の機会には筆者みずから連絡してみたのだが、2週間前に出会ったばかりの相手からの返事は「ごめんなさい。誰ですか?」というものだった。

筆者は当初、こうした習慣は「誠実さに欠ける」と感じていたというが、今では「確かに日本人は役柄を演じながら生活していると思うようになった」と述べた。
情況に応じてユーモアを示したり、上手に話したり、日中関係に関心をはらったりしてその役柄を演じているが、その情況が終わってしまえば自分の役柄も終わりになるのだ。
それゆえに「知り合った人と携帯番号を交換するのも、その場にいる人に楽しくて晴れやかな気持ちになってもらうための演じるべき役割の1つ」と筆者は分析した。

日本に来たばかりのころ、学校の先生が「日本では軽々しく『友好』という言葉を真に受けてはいけない」と教えてくれたのだが、筆者は自身の経験からも「日本人の心の中に入ることはできない、だからすべてを真に受けてはいけない」と述べた。
この原則が分かっていれば、不必要に傷つくことを避けられるのだという。(編集担当:畠山栄)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1122&f=national_1122_140.shtml

(以上、サーチナより)

「その場にいる人に楽しくて晴れやかな気持ちになってもらうための演じるべき役割の1つ」・・日本の「おもてなしの心」に通じるものがありますね。

おもてなしは日本の心-Omotenashi is Japanese heart-



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

2 返信
  1. アジア素浪人
    アジア素浪人 says:

    欧米のように価値観、文化、宗教の根っ子が同じ国とアジアではことなるのではないでしょうか?
    彼は日本も同じ文化と勘違いし記事のようになっているのではないでしょうか?
    自分がアジア諸国で最初に感じたのと同じです。
    欧州は古くに違いを知り合った同士。その為EUとかユーローの統合ができたのではないでしょうか?

    延長上にフィリピンがあるとも感じます。アジアの異端児です。
    彼らは他アジア諸国に比べ異常なほど欧米への憧れを感じるのは、私だけでしょうか?アジアの落ちこぼれになった一因とも思います。
    日本に嵌った中国の知人がいますが、日本ほど住みやすい国はないと言います。

    初めて会った外国人がフィリピンパブで会ったネーチャン、それも自分の国ではまともな生活も出来ない人だけ。初めて外国人に優越感を持った日本人。
    このような事がお互いの誤解を生み歪な社会ができたのでしょう。

    横道にそれましたが、偏った感性と経験を基による意見です。

    返信
  2. FDSA
    FDSA says:

    アジア素浪人さん。

    コメントをありがとうございます。
    フィリピンがアジアの異端児と言うのは、私も感じるところです。
    この国の人々の欧米への憧れは半端ではありませんね。
    なのに欧米に対して何か壁を感じている感もあります。
    これが中途半端な国柄を作ってしまったように思います。

    「初めて会った外国人がフィリピンパブのオネーチャン(出稼ぎに来ている女性達)」・・対して彼女達に優越感を持った日本人・・この辺りに真相が見えてきます。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です