【仏国ブログ】日本人との食事で、絶対に避けるべきマナーとは?~「装道」テーブルマナー

食習慣や食事のマナーは国によって異なることがある。
日本に滞在中のフランス人女性のブログ「ノエミの日本」では、日本人と食事をする際に感じたことや、犯してはならないタブーについて紹介している。

まず、日本人は料理に関しては保守的でないので、各国の料理が幅広く受け入れられていると紹介。

そして、日本人は外国人が日本で何を食べているのか、とても関心があるようだと語っている。
筆者も「日本の食材でどのような料理を作っているのか」「生魚や納豆などを食べることができるか」「日本食では何が好きか」といった質問をよくされると述べている。

万が一、日本での食生活に否定的な答えをしても、ほとんどの日本人は、これは食文化の異なる国から来ているためだと理解を示してくれるため問題にならず、基本的には日本人とは食文化をはさんで問題は起きにくいと述べている。

しかし、そんな日本人でも食事のマナーで許されないこともあるという。
それは、ビスケット類などをコーヒーや紅茶などにつけて食べることだと記している。
フランスではこれは特に良いマナーではないものの、一般的な習慣で特に問題ではない。
しかし、日本ではビスケットが古くなるなどして食べにくいわけでもないのに、なぜそのようなことをするのか、驚かれてしまうと説明。

これに慣れてきてくれる日本人も一部いるが、その場合でも緑茶には絶対にビスケットやおせんべいをつけてはいけないと強調。
緑茶の場合は、納得がいくまで質問され、口論に発展する可能性もあるという。

外国人からは協調性が高く、気持ちよく付き合えると考えられることが多い日本人だが、フランス人にとっては意外な点でこだわりがあることもあり、注意が必要だとの筆者の考えが伝えられている。
(編集担当:山下千名美・山口幸治)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1202&f=national_1202_042.shtml

(以上、サーチナより)

フィリピンではよく見る光景ですね。
日本でも、歯の悪いお年寄りの方がやっていると思いますが・・。

ー「装道」中学・高校生の美しい礼法 009テーブルマナーの基本ー



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です