【東日本大震災】 「私達が逃げたらだれが子供たちに食料を届けるの?」米軍家族ら孤児院支援を継続 

【ワシントン=佐々木類】東日本大震災の被災地などで米軍による救援活動「トモダチ作戦」が続く中、米軍艦船や航空機を使ったハード面の支援とは別に、米軍人の家族らが震災孤児の救済などに汗を流す草の根支援も広がっている。

 大地震と余震、原発事故の被害から逃れるため、米軍人らの家族数千人が帰国するなど自主的に退避する一方で、日本にとどまり、児童養護施設で孤児の面倒を見続けている米国人らがいる。

 青森県三沢市の米軍三沢基地に勤務する海軍士官を夫に持つジェミニ・サンフォードさんらだ。

 三沢基地に近い七戸町の児童養護施設「七戸美光園」(後藤辰雄理事長)では、地震発生当時、約40人の児童が生活していたが、震災後に親を失った孤児ら約30人を新たに収容したため、食料や衣類などが極度に不足した。

 米ラジオ番組「カイロ・ラジオ」(ワシントン州シアトル)に出演したサンフォードさんは、「震災後の22日に夫が美光園に駆けつけると、4日分の非常食しか残っていなかった。三沢基地に報告し、(以前から行っていた)支援を続けることが決まった」と語った。

 米軍家族には自主退避の許可が出ており、司会者からなぜ退避しないのかを聞かれ、「われわれが逃げたらだれが子供たちに食料を届けるの?」と答えた。

 美光園の男性職員は産経新聞の電話取材に「26、27の両日にも米軍関係者が施設を訪れ、昼食のとき、持ってきた弁当を子供たちと一緒に食べた。子供たちも喜んでおり、本当に感謝している」と語った。

 米軍三沢基地は美光園と20年以上の交流があり、こうした信頼関係が今回の支援にも生かされたようだ。

 また、三沢基地に勤務する米空軍中佐の妻、ケリー・ウィンマーさんは震災後、米軍家族に衣類などの提供を呼びかけた。空軍広報によると、ケリーさんは「想像以上の物資が集まり本当に驚いた。
少しでも友人の三沢市民のお役に立てればうれしい」としている。

 家族だけでなく、支援活動に当たる将兵からの寄付も相次いでいる。
三陸沖に展開する原子力空母「ロナルド・レーガン」では、毛布やセーター類が1千着以上、ぬいぐるみ20個が集まった。
ジャスティン・ハーツ少佐は「自分の子供にもらったぬいぐるみを提供した水兵もいた。
日本の被害を聞いた子供から、そうしてほしいと頼まれたそうだ」と語った

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110328/amr11032817520006-n1.htm

(以上、産経ニュースより)

孤児院と言えば、私の友人(日本人)も此処フィリピンのケソン・シティで孤児院を作り常時約50人〜60人のフィリピン孤児を養っています。
並大抵な苦労ではこれだけの子供達を養っていく事は出来ません。
彼も昔よく言っていました。
「私が居なくなったら誰がこの子供達を養ってくれるのか?」・・と。

ー森 源太 足短おじさんプロジェクト1/2ー

ー森 源太 足短おじさんプロジェクト2/2ー

カンボジアの首都プノンペン。
高級ホテルが立ち並ぶ路地に、ホテルのどんな装飾にも負けないぐらい輝く子供たちが暮らす家があります。

CHCMA 通称・くっくま孤児院。

自身もある孤児院で育った数人の若者たちが、かつての自分たちと同じ境遇の子供たちのために、一生懸命働いて、共に生活しています。
だけど、頑張って働いても、30人近くの生活を支えるのは簡単ではありません。
仕事が無い時には、少しのお米としょう油だけで一ヶ月を過ごしたこともあったそうです。
それでも、くっくま孤児院で暮らす子供たちも大人たちもみんな本当に明るくて純粋で優しい。
一緒にいると、一緒に唄うと、いつも泣きそうになります。

お腹一杯のご飯を毎日食べられるように。
彼らが大好きな学校に当たり前に行けるように、自分が得意なことを、好きなことを、いっぱいいっぱいできるように。

僕は日本の仲間のみんなと力を併せて、彼らを応援することに決めました。
僕たち日本人に、人としての大切な温もりを教えてくれる彼らに恩返しをしたい。
ずっと元気でいてほしい。
自分たちの人生を、幸せに歩いて行ってもらいたい。

そんな想いで『足みじかおじさん』として、くっくま孤児院のみんなを見守り、応援していきます。

一緒にくっくま応援団としてサポートしてもらえたら嬉しいです!
そして、いつの日にか、カンボジアに会いに行きましょう。
くっくま孤児院と出会えて本当に良かった。
全ての日本人に、あの温もりと、美しさと出会ってほしい。
心から、そう思います。

2011年2月 シンガーソングライター森 源太(くっくま応援団 団長)

http://www.morigenta.net/ashimijika.html



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です