4 返信
  1. アジア素浪人
    アジア素浪人 says:

    靖国神社は高校の部活の走る帰り道でいつも休息場所でした。その為蔵書を良く読んだ為か大学の校風と異なり保守思想です。

    英霊は靖国に祀られる事を名誉に祖国の為に戦ったのです。
    日教組を主とした反戦教育及び思想、命を賭した彼らの功績で現在の我々があると自分は理解してます。

    どこの国も血を流した上に成立、創られているのです。
    その英霊に感謝、敬う心を忘れた人は日本人と呼びたくありません。
    何時も例に出す先輩は奥様ご家族が娘婿はKMIKAZE Pilot、SAMURAIの子孫と自慢されるそうです。

    今夜の夜行便で家族を連れて帰京しますので先輩のように彼らを連れて参拝します。

    返信
  2. FDSA
    FDSA says:

    アジア素浪人さん。

    コメントをありがとうございました。

    私も「保守思想」です。

    「英霊は靖国に祀られる事を名誉に祖国の為に戦ったのです。」・・・紛れもない事実です。ですから靖国とは非常に重く尊い存在なんですね。

    「英霊に感謝、敬う心を忘れた人は日本人と呼びたくありません。」・・・全く同感です!

    「KMIKAZE Pilot、SAMURAIの子孫と自慢されるそうです。」解っていらっしゃる方々は実際におられますね。嬉しい事です。

    夜行便でご家族様と共に帰京されるのですね。
    私も次回の帰国時には必ず参拝致します!

    返信
  3. アジア素浪人
    アジア素浪人 says:

    くどくなりますが先輩の義兄と話した時に聞いた騎士道とSAMURAI精神の違いについて書かせていただきます。
    彼はスペイン留学時の修士論文は比較文化、SAMURAIとナイト(騎士)らしいです。

    彼によると騎士は所詮傭兵へ与えられた称号、SAMURAIは主君に対する忠誠。言うまでもなく大きな違いです。Royalityという英語の理解も違うといいます。同様に英語とスペイン語のマッチョも違うと。
    この延長上にKMIKAZE Pilot、万歳突撃/死守作戦があったのでしょう。
    騎士道精神文化の欧米では理解し難いです。

    先輩奥様ファミリーはスペイン系、このようなことを理解してくれる奥様ファミリーだから結婚を許してくれたのだろうと彼は言います。
    冗談半分に義母様にKAMIKAZE Pilotでも良いから娘と孫達にはパラシュートを着けてくれと言われると苦笑してます。

    英霊に改めて感謝、安らかにお休みして下さい。

    返信
  4. FDSA
    FDSA says:

    アジア素浪人さん。

    コメントをありがとうございました。
    成程です!「騎士道とSAMURAI精神の違い」此れはあまり皆さん考え付かない事ですね。此の違いが根本的にあると感じます。

    確かに欧米では理解し難いようです。我が家の南米妻も興味を持って色々と文献などで調べたりアメリカ人の友人などとの話題にも出しておりますが・・・どうも理解出来ない様子です。

    「冗談半分に義母様にKAMIKAZE Pilotでも良いから娘と孫達にはパラシュートを着けてくれと言われると苦笑してます。」此れは苦笑しますね確かに(笑)

    自国を守る為に突入し散華した、決して無常観では語れない真の英霊への感謝の気持ちは子孫へ確実に伝えて行きたいと、そう想います!

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です