さらばニッポン、企業と人材の流出が止まらない〜向かう先はタイ!

微笑みの国、タイ。
首都バンコクは、ザ・シティー・オブ・エンジェルと呼ばれる。
米ニューヨークやロサンゼルスが、ビッグ・アップル、ビッグ・オレンジと呼ばれる理由はその名前からは想像しにくいが、バンコクはまさに読んで字のごとしである。

ー日本企業の進出ラッシュに沸くタイー

バンコクの中心部を流れるチャオプラヤ川と建設中の高層ビル 優しい女性の微笑みが訪れる者の緊張を一瞬で解きほぐし、癒やされた気持ちにしてくれる。
とりわけ日本人にはそれがたまらないらしい。
欧米の植民地支配を受けなかった歴史も手伝って、何か連帯意識のようなものを感じるのかもしれない。

そのタイがいま、日本企業の進出ブームに沸いている。
企業だけではない。
経済の停滞が長引き、日本に人生のチャンスを見出せなくなった人たちが、タイに職を求めて、あるいは起業のチャンスを求めて集まっている。

土木や建設などのインフラ産業、自動車や家電などの製造業がアジアにおける拠点として進出してきた長い歴史があるが、いま、タイではこうした産業だけでなく、これまでは日本国内が主体だったサービス産業が次々とタイに進出を果たしている。

まるで日本の将来など露ほどにも気にかけていない自己中心的な政治家や官僚に対し、日本ではもうビジネスができないと行動で示しているような格好だ。

タイに次の成長を託している企業の1つが東証1部上場企業の日本駐車場開発である。
今からちょうど1年前(2010年7月)、タイに進出したと思ったら、次々とバンコク市内の大型商業施設から受注、早くもバンコク一の駐車場サービス会社になろうとしている。

ー大市場の中国ではなくタイに目を向けた日本駐車場開発ー

同社は日本の大都市の駐車場ビジネスで急成長した企業であり、例えば東京駅周辺の丸の内地区のビルでは、丸ビルや新丸ビルをはじめとして、新設ビルの大半の駐車場は同社の管理下にある。

新丸ビルや丸ビルの駐車場にクルマを入れてまず驚くのは、地下の駐車場で対応に出てくるのがいつも若くて美しい女性ばかりということだろう。
駐車場の管理といえば、無人か無愛想で強圧的なおじさんの専売特許と思っているドライバーには新鮮な驚きがある。

もちろん対応も親切丁寧でムダがない。
社員教育は手の上げ下げ一つ取っても徹底している。
日本駐車場開発は、これまでの地下で暗い、汚いといった駐車場のイメージを払拭し、快適で気持ちの良いサービスを取り入れることで成長してきた企業なのである。

駐車場で待ち受けるのは、若く美しい女性というだけではない。
みな4大卒で流暢な英語を話す。
外国人が来ても、言葉が分からなくて係員が右往左往するような姿はここでは決して見られない。

恐らく、世界中の駐車場を探しても、ここまできめ細かいサービスをするところはほかにないに違いない。
世界の超一流ホテルやレストランでも、さすがにバレーパーキングにまでは気が回らないだろうから。

ー企業は挑戦し続ける使命を帯びているー

このように日本人の得意なきめ細かい、癒やしのサービスで急成長してきた日本駐車場開発だが、日本での成長には限界を感じ始めている。
創業以来、同社急成長の機関車役を担ってきた川村憲司副社長(日本駐車場開発タイランド社長)は言う。

「日本での駐車場ビジネスはこれからも成長はすると思います。しかし、大きな成長が見込めるかと言えば残念ながら違います。当社としても東京・丸の内地区などの駐車場を受注して実績を積み上げてきたことで、比較的営業はしやすい環境にあり安定的に成長はすると思います」

「しかし、そこに安住しては、企業の新陳代謝が止まってしまいます。企業というものは常にリスクを取り挑戦を続けてこそ、若さを保て組織を活性化させられるものだからです。それは人間でも同じでしょう」

日本に成長のチャンスがほとんどなくなったいま、活路は海外に求めるしかなくなった。
そこで今から2〜3年前に海外進出の本格的な検討を始めたという。

「もちろん、中国は考えましたよ。何しろ市場がばかでかい。また日本企業がそれこそ眼の色を変えて進出を続けてきましたから。しかし、駐車場のようないわばインフラ事業を中国のような社会主義国で展開するのは難しい。また、うまくいくとすぐに真似されてしまいますし・・・」

ー日本の産業が勢ぞろいー

インドネシアやベトナムなどほかのASEANに加盟している国も検討した。
しかし、まず最初に進出する国としては、タイをおいてほかにはなかったという。
その理由の1つは、やはり多くの日本人を惹きつけるタイという国の魅力。

そしてもう1つが、相次ぐ日本企業の進出がタイ経済の安定的でバランスの良い成長を促しているという事実だ。
タイでは日本企業が受け入れられやすい環境が出来上がっている。

事実、海外からタイに投資される資本の約4割が日本からのもので、もちろんダントツ。
しかもその比率は年々高まり続けている。

建設業にはじまり鉄鋼、自動車、電機、精密機械といった日本を代表する産業が、部品など関連する産業を含めて軒並み進出し、大きな開発や生産、営業の拠点を設けている。
最近ではソフト産業もタイで開発するところが増えている。

自動車産業を例に取ろう。
タイの自動車販売台数はいま80万台にまで拡大してきた。
10年ほど前までは50万台市場と言われていたので、この10年間で60%の成長を果たしたことになる。
日本市場に比べればまだ小さいとはいえ、この成長力は魅力だ。
100万台市場になるのも時間の問題になっている。

続きは此方から : http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/13123?page=3

(以上、JBPRESSより)

思った以上に早く海外移転が進んでいますが、日本国内が心配です。

私の所へも、此処フィリピンに進出を計画されている日系企業からの相談件数が増えて来ています。

ータイ・ピントーン工業団地の入り口風景、日系企業多数ー



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です