なぜ日本人の結婚はうまくいかないのか?

本日から、「結婚」をテーマに連載を始めます。題して「離婚か、我慢か」。

2年くらい前に、こちらのサイトで連載をしていました。「恋愛」をテーマにしたもので好評をいただいていました。その連載に加筆修正したものは毎日新聞社から『結婚は4人目以降で決めよ 恋愛と結婚と浮気の政治経済学』という本になっています。

「恋愛学」から「結婚学」へ

今回の連載は結婚前の「恋愛学」からさらに一歩進めて、「結婚学」の話です。

「恋愛学」とは人間の恋愛を科学的に研究する学問ですが、「結婚学」は、結婚に至る過程、夫婦間の生活に関する結婚そのものの科学的分析を行う学問です。

恋愛の先には結婚がある・・・、当然の流れなのですが、最近疑問に思っている若者が増えてきました。若者が同棲(事実婚)まではしても、正式な結婚はしなくなってきているのです。

フランスなどは婚外子が全新生児の50%を超えるという時代、日本も結婚に二の足を踏むケースが増えているようです。ちなみに、日本では10人に1人くらいが同棲経験者ですが、実際に現在同棲しているのは2~3%といったところです。

実は、理論的に突き詰めてゆくと、一夫一婦制という結婚制度はうまくいかないようにできています。

プロポーズして、婚約して、結婚当初のハネムーン時代は最高に幸せですが、徐々に当初の熱は冷めてゆき、やがては1人の異性に自分をしばりつけておく不合理性を感じ始めます。ハネムーンを過ぎた既婚者や離婚経験者の大多数は、実際にこのことを経験しているはずです。

全国数千万の夫婦のみなさんに、そのことを理論的に解説することがこの連載の目的なのです。いやむしろ結婚していない人に結婚とはどういうものか覚悟をしてもらうために書いていると言った方が正しいかもしれません。

既婚者にもこれから結婚する人にも、結婚制度が抱える問題に対して、少ないながらも、解決策があります。その解決策もいずれ披露することになりますので期待していてください。恋愛感情は日々摩耗してゆくのですが、摩耗の質量を減らす方法があるということです。

逆に言うと、現在、結婚がうまくいっていないからといって、あるいは、結婚を目前にして不安に思っているからといって、心配する必要はありません。なぜなら、どのカップルもうまくいっていないのですから。

逆に、うまくいっているのは何かがおかしいと思った方がいいのです。表面的にはうまくいっているようでも、実際には問題を抱えているというのが日本の夫婦の実態です。

ーピークから3割も減った日本の婚姻数ー

そんな状況なので、最近、結婚する人が減ってきました。図表1にある通り、1972年の100万件超のカップルをピークに、徐々に減少しています。2010年ではたったの70万6000組(初婚と再婚を合算した婚姻数)しか結婚しませんでした。

 そのために、子供の数が減っています。少子化というのは日本の存続が危ぶまれる大問題なのですが、政府もかけ声だけは大きくても、ほとんど有効な対策は取っていない分野です。

どれほど問題かって?

もし出生率が現在のまま推移したら、紀元後35世紀には日本の人口は1人になってしまう、というくらい大問題です。たったの1人ですよ、日本人。みなさんの遺伝子はこの地球上から完全に消え去ってしまうのです。

従って、この連載では2年前の「恋愛とは何か?」から、「結婚とは何か?」の理論的支柱をみなさんに提供し、結婚生活を延命させる方法も伝授することによって、日本の少子化問題も解決したいと思っています。

何しろ、私は政治学者ですから、少子高齢化問題に興味があるのです。世間的にはすっかり「恋愛学者」となっていますが・・・。著名な政治学者と呼ばれないまでも、これからは「恋愛学者」から「結婚学者」を目指したいと思います。

初回ですので、この連載の読者をとりあえず絞っておきます。話がぶれてもいけませんので誰に向かって書いているのかをはっきりさせておきます

大きく分けて3つのタイプに分類できます。

3つのタイプの読者像

第1のグル―プは、現在結婚している読者の方々です。だいたい30歳以上の男女でしょうか。先ほどの図表から日本人は毎年70万カップルが生まれていると述べましたが、同時に、離婚件数は毎年25万件程度になっています。

ということは3組に1組は離婚をする時代、潜在的には非常に多くのカップルが離婚を考えているか準備をしているということになります。

通常、離婚の原因は「性格の不一致」にあるように言われていますが、「性格の不一致」というのは表向きの理由、離婚にはそれなりの理由があるはずです。

本当の理由について迫りたいと思います。残念ながら恋愛感情はゼロになってしまったが、夫婦関係は続けてゆきたいという人たちのために既婚者用解決策を提供するつもりです。

第2のグループが、まだ結婚していないけれども、近い将来、結婚を考えている読者のみなさんです。20代後半から40歳未満くらいの男女と想定します。

この連載を読まれることによって、結婚のどういう点に気をつけなければならないのか、恋愛感情を摩耗させないためにはどうすればいいのかを知ることができます。まだ恋愛感情が損なわれていないが将来的には不安に思う人たちです。

第3のグループがまだ恋愛経験が少ない10代、20代の若者です(30代以降で恋愛経験が少ないとなかなか厳しいものがあります)。

本来なら先に「恋愛学」を学んでほしいところですが、いきなり「結婚学」に突入するのも、決して悪い話ではありません。恋愛の先の結婚を知っておいて恋愛に生かすという方法もアリかなと思います。

というわけで、定年を迎えてしまった男女以外のすべての男女に役立つ学問という位置づけになってしまいました。

来週よりご期待ください。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34332

(以上、JBPRESSより)

「残念ながら恋愛感情はゼロになってしまったが、夫婦関係は続けてゆきたいという人たち」・・・此の辺に鍵がありそうな。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です