アベノミクスを叩き潰そうとする反対勢力が勝つとどうなるか?

アベノミクスが成功するのか失敗するのか、私たちには判断する術がない。
先のことは誰にも分からない。そもそも、政策運営をしている安倍政権も成功を確信して順風満帆で進んでいるわけではなく、成功させるために「戦っている」のである。 
新しい政策を推し進めようとすると、必ず反発して逆方向に足を引っ張る勢力も出てくる。
この勢力闘争のせめぎ合いが連日の乱高下となって現れている。
アベノミクスの失敗を願っている人間はたくさんいる。
民主党は安愚楽牧場の投資詐欺で訴えられている海江田から、ずぼらな瞳をした細野豪志、あるいは株価が上がって気持ち悪いと言う辻元清美までが、こぞってアベノミクスの失敗を願って活動している。
また、海外でもアジア開発銀行の主席エコノミストが「アベノミクスが失敗したらアジアにメガトン級の暴風になる」とあたかも失敗を煽るような言動をしている。
ー賽は投げられ、日本はルビコン川を渡った!ー
アベノミクスによって日本は再び国家的成長を取り返そうとしているが、こういった反対勢力も非常に執拗にアベノミクスを貶して落とす工作活動をしている。
水面下で起きている激しい闘争と同時に、投資家やヘッジファンドの見方も意見が真っ二つに割れているので、よけいに状況が混沌として方向性がつかめない形になっている。
市場に対して意見を持つ必要はない。
いずれ、決着がついてどちらの勢力が勝ったのか負けたのかが分かる。
しかし、仮にこれで日本が失敗したら、将来は大きな負債と共に、日本が国家破綻するしかなくなる。
日銀はすでに異次元の量的緩和をすると決めた。
これを粛々と実行していく。そういった意味で、賽は投げられ、日本はルビコン川を渡った。
つまり、もう後戻りができない。
失敗すれば、国家破綻(デフォルト)くらいは覚悟しておいた方がいいだろう。
国がデフォルトするとどういう状況になっていくのか考えたことがあるだろうか。
国の借金が返せなくなってデフォルトを起こすと、まず貨幣の価値が暴落していく。
制御できない円安になる。
通貨の価値がなくなるのだから、インフレが起きるが、そのインフレというのは10%や20%ではない。100%、200%、300%になっていくのである。
紙幣価値が毎日なくなっていくのだから、誰もが真っ先に考えるのは、無価値になっていく紙幣を現物(もの)に換えることだ。
これはゴールドやシルバーに変えるという悠長なものではない。
明日のミルク、明日のパンを買うために、誰もがいっせいに銀行に殺到して金を引き下ろすのである。
ー世界は、ハイパーインフレを何度も経験した!ー
国が崩壊したとき、パニックにとらわれた人たちが、我先に預金を引き出そうとして銀行の窓口に殺到する。
行列ができ、大混乱が続き、それが報道されるとさらに多くの人が蒼白になって銀行に殺到する。
当然、銀行は殺気立った人たちのすべてに対応できないまま店を閉めざるを得ない。
そうなると、翌日からは狂気のようになった国民が預金の引き出しを求めて暴動のような状態になっていく。
だいたい、3日目にして多くの銀行がつぶれていくことになる。
買い占めも起きる。
無価値になる紙幣を一刻も早く物に変えなければならないので、食料品は一瞬にして買い占めに合い、残った商品も売り惜しみで一挙に値段が暴騰していく。
一瞬にして店の品物は2倍、3倍になっていく。それで済めばいいほうだ。
10倍、20倍にもなっていくことも普通にある。
これは、決して珍しい現象ではない。
ー国家破綻した国で、地獄が「再現」する!ー
今の日本人のほとんどは、国家崩壊も、ハイパーインフレも経験したことがない。
だから、日本人は、それを知らない。経験したことがないのだから当然だ。
しかし、アベノミクスを叩き潰したい人たちの破壊工作が成功したのであれば、私たちはそれを経験することになる。
もし、日本に対する破壊工作が成功して日本が叩きのめされたら、何が起こるのか、今のうちに取り付け騒ぎと買い占めの時代を生き残る研究をしておいたほうがいい。
銀行の取り付け騒ぎが大規模に起きると、翌日には銀行から1円も引き出すことができない事態になる。
仮に引き出せたとしても、それで物を買おうとしたら、すでに目の前で品物が大暴騰していて何も買えない。
これは、私たちが売る方の立場になって考えてみれば分かる。
今日売るよりも明日売るほうが100倍の値段がつくかもしれないのだから、売り惜しみをするはずだ。
ドイツ・日本・アルゼンチン・ロシアで起きたことを見ていくと、それは必ず起きている。
当然、次の経済崩壊でも起きる。
取り付け騒ぎと買い占め・売り惜しみが起きたとき、アルゼンチンの国民はどうなったのか。
野鳥からネズミまで、食べられるものであれば、何でも食べなければ生きていけない地獄が出現していたのである。
ロシアではどうなったのか。
寒さに凍えた老夫婦が紙くずになったルーブル紙幣を焼いて暖を取り、やがて燃やす紙幣がなくなるとふたりで頭を撃ち抜いて死んでいった。
そんな世界が国家破綻した国で「再現」する。
日本経済の崩壊が起きると救済してくれる国はない。
つまり、混乱は1週間や2週間で収まらない。
恐らく数カ月、ひどい場合は何年も事態悪化を繰り返したまま、パニック、暴動、略奪、強盗、放火が起きていく。
このような地獄が日本で再現しないように手を尽くさなければならないのに、あたかも日本の破壊を望んでいるような言動をする人間が山ほどいる。
彼らは何を望んでいるのだろうか。日本が失墜し、日本国民が窮地に落ちることは、彼らにとって良いことなのだろうか。

http://www.bllackz.com/2013/06/blog-post_11.html?utm_source=BP_recent

(以上、DARKNESSより抜粋。)



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です