インドがまもなく弾道ミサイル発射実験、中国全土が射程内

インドが18~20日の間に、核弾頭搭載可能な弾道ミサイル「アグニ5」の発射実験を予定している。射程5000キロメートルで、中国全土が射程内に入ることから、中国メディアも大きく報じている。

中国共産党機関紙、人民日報系のニュースサイト「人民網」などはインドメディアを引用して、インドが18日にも弾道ミサイル「アグニ5」の発射実験を予定していると伝えた。インド東部オディシャ(オリッサ)州沖の島で発射されるという。

アグニ5は昨年11月に発射実験に成功したアグニ4の改良型。アグニ4は射程3500キロメートルで、中国の一部しか射程に収められなかったが、アグニ5は射程5000キロメートルで、北京や上海といった中国の主要都市が射程内に入る。

アグニ5は長さ17メートル、直径2メートル、重量50トン。3段式で固体燃料を使用する。1・1トンの核弾頭を含む複数の弾頭を搭載できるという。

開発したインドの防衛研究開発機構(DRDO)は、アグニ5は大陸間弾道弾(ICBM)に近い能力を有すると話しており、インド当局も中国メディアも「ICBM」と呼んでいる。中国メディアは、「発射に成功すれば、インドも米ロ中といったICBMクラブの仲間入りを果たすことになる」と伝えている。(編集担当:阪本佳代)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0418&f=politics_0418_020.shtml

(以上、サーチナより)

インドの方々も親日の方が多いと聞きます。

ー親日国 今もインドで歌われている日本兵を讃える歌ー



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

3 返信
  1. アジア素浪人
    アジア素浪人 says:

    地政学的にもインドが進めている事は容認するわけではないですが無理ないでしょう。
    昨年ベトナムに滞在してた時過激な話を知識人に属する人から「我々は北京上海を狙える核爆弾搭載ができるミサイルを持つべき、その為早く原発をつくるべき」聞いた言葉に一面を見ました。

    近くは中越戦争の悲惨さ(戦地跡をみた印象)
    歴史的には長い属国。良し悪しは別にDNAとして受け継がれているのでしょう。
    同様な歴史を持つ朝鮮民族(韓国を含む)の親中国的感情の理解が難しいです。

    返信
  2. アジア素浪人
    アジア素浪人 says:

    先程CNNを視ていたら発射し成功したそうです。それも射程5,000km.
    前にコメさせて頂いたベトナム人が言うように北京上海も射程内、核弾頭も可能だそうです。米ロ中に続くICBM保有国になりました。

    返信
  3. FDSA
    FDSA says:

    アジア素浪人さん。

    コメントをありがとうございます。

    ベトナムご滞在中に、知識人の方から聞かれたお話しは貴重ですね。
    確かに朝鮮民族の親中的感情は疑問に思うところです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    コメントをありがとうございます。

    発射実験成功したのですね!
    ピッタリ5,000km射程・・・核弾頭ICBM保有国の仲間入りですね。
    或る意味スゴイことです!

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です