トルコ大統領がお悔やみの手紙 宮崎さん死去悼む

トルコのメディアは11日、同国東部ワンで地震によるホテルの倒壊に巻き込まれ、東京のNPO法人「難民を助ける会」の宮崎淳さん(41)が死亡したことを受け、トルコのギュル大統領が天皇陛下宛てにお悔やみの手紙を送ったと伝えた。ダウトオール外相も在トルコ日本大使館を訪れた。

宮崎さんは、10月下旬に大規模地震に見舞われた被災者の支援を現地で続けていたため、トルコ市民からも「なぜ宮崎さんを守れなかったのか」などと悔やむ声が広がっている。
ワンに宮崎さんの名前を付けた病院を建設しようとの呼び掛けも出ているという。

現地を訪れた同会の大西清人事務局次長によると、宮崎さんの遺体は11日、検視が終わった。
同日夜にも西部イスタンブールに搬送され、できるだけ早い便で日本に戻る予定。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/111112/asi11111200450000-n1.htm

(以上、産経ニュースより)

野田さんではなく、天皇陛下宛に送ると言うところが・・深謝申し上げます!

亡くなられた方が「難民を助ける会」の方でしたからトルコ政府も余計に心痛を感じたのかも知れません。
お悔やみ申し上げます。

余談ですが、日露戦争での日本海海戦で大活躍し殊勝艦となった旗艦「三笠」は南米アルゼンチンから譲られた軍艦でした。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です