トンガに贈られた非常に危険な中国製航空機! 最悪の「新舟60」!

危険な中国製航空機「「新舟60」                                                                  

危険な中国製航空機2「「新舟60」                                                                  

南太平洋のトンガ王国に中国が無償供与した同国製小型旅客機「新舟60」について、ニュージーランド政府が自国民に「利用は自己責任で」と事実上の使用禁止を呼びかける事態になっている。
2年前の墜落事故に続いて今年も3件の事故を起こし、世界最悪レベルの危険性が指摘されるためだ。
アフリカで導入を見合わせる動きが出るなどメード・イン・チャイナ機への懸念が広がっている。                                                                                

中国製のターボプロップ機「新舟60」は2011年5月にインドネシアで25人が死亡する墜落事故を起こし、今年5、6月にもインドネシアとミャンマーで3件の事故を起こした。
ミャンマー航空当局は「機体に問題がある可能性が高い」として、同型機の運行停止措置を取った。                                                                               

事故原因の究明も十分でないなかで、中国は7月、トンガに新舟60を無償供与した。
トンガ政府は設立されたばかりの航空会社「リアルトンガ」に貸与し、8月から国内線の運行が始まった。                                                                            

これに強い不満を示したのがトンガと関係の深い近隣のニュージーランドだ。
マカリー外相は「新舟60には重大な安全懸念がある」と指摘し、問題が解消するまでトンガの観光促進に使われる約820万ドル(約8億円)の援助を停止すると表明。
政府のホームページで、渡航する国民に対し新舟60の利用を控えるよう注意喚起を始めた。                                                                                  

一方、トンガのバイプル副首相は「金で命令することはできない」と反発。
「国際民間航空機関に加盟する中国で飛んでいるのだから国際基準は満たしているはずだ。中国機の安全性は中国に言うべきだ」とメディアに不満をぶちまけた。                                                                                                                 

とはいえ、新舟60は、09年以来の事故が11件にのぼる「世界で最もひどい安全記録を持つ飛行機のひとつ」(テレビ・ニュージーランド)。
中国の国有軍需関連企業傘下の西安飛機工業が00年に開発し、途上国に無償や低利融資を含めた供与がなされてきたが、厳しい審査を課す先進国への納入実績はまだない。                                                                                                            

事故の続発には供与の多いアフリカでも懸念が出ている。カメルーンからの報道によると、同国では欧州の航空会社との提携に支障が出るなどの心配から、予定していた3機の旅客機導入を保留した。                                                                                                

新舟60の無償供与は中国にとって相手国との関係強化の象徴でもある。
人口約10万人の小国トンガがニュージーランドに強く出る背景には、1998年に外交関係を結んでから年々強まる対中関係がある。
道路や公共建築物の多くに中国の援助や融資が入り、米紙ウォール・ストリートジャーナルはトンガの対外債務の6割以上は中国に負っていると伝える。                                                                                                                     

トンガ指導層と中国政府の癒着の噂も渦巻き、豪メディアは中国から王族系企業に不透明な金が流れているとの疑惑を報道。
新舟60の供与を見越したリアルトンガの設立によって、ニュージーランドの航空会社がトンガから撤退せざるを得なくなったことも、今回の問題に影を落としている。(坂本英彰)                                                                              

http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2013/08/30china_ma60/

(以上、産経ニュースより。)                                                                                                          

なんと云っても中国製です!!!世界最悪の航空機!!!



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

4 返信
  1. アジア素浪人
    アジア素浪人 says:

    自分も世界のcodeで仕事してますがこれが良ければ全てOKと理解するのは最大の間違いです。
    codeは守ればよいのでなく最低基準を示すものと理解してます。

    米国の軍用機が陸海空の要求specに120%complyしてもFAAの審査に合格しないのと同じです。横にそれますが自衛隊は軍法もなく一般法の自衛隊法で裁かれます。当然軍法会議制度はありません。
    米国、他国では最高死刑罪の敵前逃亡は自衛隊法では懲役7年、それでも士気が高い、イラク戦争でも空自を守る、護衛する陸自が撤退した後も士気が落ちないだけでなく逆に上がったらしいです。日本魂です。
    WW2nd後のネシアで独立義勇軍に上官の命令もなく参戦した日本軍兵士、こんな魂は日本人だけ。中国の航空機開発コンセプトとの違いです。

    返信
  2. FDSA
    FDSA says:

    アジア素浪人さん。

    コメントをありがとうございました。
    技術はいずれ高くなってきますから、油断は出来ませんね。
    日本は、絶えずその先の新技術を開発していかなければと考えます。
    日本の自衛隊の士気の高さは、中東でも有名です。
    戦後、インドネシア独立に参戦した大日本帝国軍兵士のお話しも称賛の的となって語り継がれています。

    返信
  3. FDSA
    FDSA says:

    民上 真さん。

    コメントをありがとうございました。
    全く仰る通りです。
    あの国製の飛行機などは私もまっぴらごめんです。
    考えられない物が爆発する不思議な国。
    飛行機も爆発⇒空中分解が目に浮かびます・・・。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です