マニラのバスジャック事件と日本のシージャック事件

マニラでバスジャック事件が起き、多数の中国人旅行者の方々が人質にとられ犠牲になってしまいました。
フィリピン警察突入映像をご覧になった方はお気付きだと思いますが、何ともお粗末な情報収集と突入行動でした。
バスの運転手も乗客を残して自分だけ逃げ出してしまっているのですから当人から迅速な情報収集も出来たのではないでしょうか。

数年前にも小さな子供を人質にとった事件がマニラで起きましたが、この時もフィリピン警察狙撃部隊が犯人に向けて発砲したのですが一発目から子供の背中を貫通してしまい、たいへんお粗末で悲惨な結果に終わっています。

日本で起きたシージャック人質事件、長距離からの狙撃ライフルを使っての殺人犯狙撃による解決とは違います。

今回のマニラ・バスジャック事件で犠牲になってしまった方々のご冥福をお祈り致します。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です