ローマ法王の来比と日本の英霊1,068柱のバチカンでの荘厳なミサ!! ローマ法王庁は異教徒との約束を果たしました!

ローマ法王 フィリピン訪問

1,068の英霊の位牌が納められた五重塔

ローマ法王フランシスコ1世が来比されていますが、実はローマ法王庁・ヴァチカンには、昭和の英霊1,068柱が祀られているのをご存知ですか?

連合国の手で「戦犯」として裁かれたABC級全ての日本人「法務死」の英霊が、世界のキリスト教カトリックの総本山ヴァチカンに、他ならぬローマ法王によって祀られたのです。

順和師は昭和五十(1975)年にヴァチカンを訪れた折に、かねてより心を痛めていた「戦犯とされた人々」の鎮魂と慰霊のために、宗教の違いを超えて願い出ました。

順和師の父であり先代座主でもあった順海大僧正は、学徒兵や殉難者の法要を欠かさず、「七戦犯の鐘」など慰霊の鐘も護持しています。

その多くがキリスト教信者であった連合国側にとって、これほどの皮肉はありません。
皮肉というよりは、勝者の驕りに対する「神の戒め」であるとも言えます。

時のローマ法王・パウロ六世に 「日本人殉難者のためにミサを」 と訴えたのは仏教徒の仲田順和師でした。

先代座主の遺志をついだ真言宗醍醐寺派別格本山品川寺(ほんせんじ)の仲田順和師の願いを、パウロ六世は快く承諾してくれました。

しかし、喜んで帰国した順和師にその後届けられたのは、法王の訃報でした。
その後を襲ったパウロ一世も急逝し、異教徒の願いは空しく閉ざされたと思われました。

しかし、その順和師の元に、ヨハネ・パウロ二世から親書が届けられたのは五年後の昭和五十五年四月、内容は「五年前の約束を果たしたい」との思いもかけぬものでした。

ローマ法王庁は、異教徒の願いを忘れてはいなかったのです!!

パウロ六世の真心に応えようと、帰国直後から作製を依頼していた五重塔に殉難者千六十八柱の位牌を納め、ヴァチカンに奉納されたのは、同年五月の事です。

醍醐寺五重塔を精巧に模した塔は、「戦犯」慰霊に共鳴した栃木県大田原市の木工芸家星野皓穂氏が、三年の歳月をかけ無料奉仕で完成させたものです。

五月二十一日には仲田・星野両氏も参列し、法王パウロ二世のもと昭和殉難者のための荘厳なミサがヴァチカンでとり行われました!!

////////////////////////////////////////////////////////////////

英霊(=国を守るために散華された特別に優れた霊)の位牌は、サン・ピエトロ大聖堂に奉納されています。
反日勢力が猛烈に批判をする靖国神社には英霊の遺骨や位牌もありません。
靖国には、御祭神(英霊)の名前が書かれた霊璽簿(れいじぼ)はありますが、それも御祭神ではありません。
御祭神は御剣と御鏡です。

神道には教祖もいないし教義もありません。
こうしなければならないという信者の義務もなければ、タブーもありません。

ちなみに、靖国参拝問題が急浮上したのは1986年!
朝日新聞が「我が国では侵略戦争を美化している、大問題だ」と書き立て、他国に対し日本を非難するように促したのが発端です!!



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ