世界初の成功 NASAも称賛

 国際宇宙ステーション(ISS)に食料や実験装置などを届けるため日本が打ち上げた無人補給機「HTV」初号機は18日朝(日本時間)、ロボットアームによるISSへの設置に成功した。ボルトによる固定作業や電気系統の接続を行い、ドッキング(結合)完了後に、飛行士が船内に入室するなどして荷物などの補給作業を行う。今回の成功で日本は国際的な義務をひとまず果たし、米露欧に続くISSへの独自の輸送手段を確保した。

 HTVは今月11日未明、宇宙航空研究開発機構(JAXA)種子島宇宙センター(鹿児島県)から新大型ロケット「H2B」初号機で打ち上げられた。その後は同筑波宇宙センター(茨城県)で飛行を制御し、約1週間かけて高度345キロのISSに接近した。

 18日未明にISSの約500メートル下へ到達後、ISSと同一の速度、向きを維持しながら毎分約1〜10メートルずつ上昇。筑波と米航空宇宙局(NASA)、ISSの連携で午前4時51分、ISSの約10メートル下にあるHTVを米国人女性飛行士らがロボットアームで捕まえた。

 HTVは午前7時26分にISS日本実験棟「きぼう」に隣接する位置に取り付けられ、電力や通信状態を確認してドッキング作業を終える。宇宙船をロボットアームで捕まえてドッキングしたのは世界初。搭載した荷物は、飛行士の食料、日用品やきぼうに設置する観測装置など。約1カ月後には荷物を降ろしたスペースにISSの廃棄物を積んで大気圏に突入、大部分が燃え尽きて使命を終える。

 日本は今年7月に完成したきぼう打ち上げの見返りして、ISSへの物資補給を分担。平成27年度まで年1機のペースでHTVを打ち上げ、ISSへの物資補給を担う。

18日早朝、国際宇宙ステーション(ISS)への無人物資補給機「HTV」がISSのロボットアームによって捕まえられると、宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センターの管制室で息を詰めて見守っていた管制員らは拍手と歓声、ガッツポーズなどで喜びを爆発させた。

 「ロボットアームを使っての結合は世界の宇宙開発に新しい道を切りひらく。(HTVは)7機を打ち上げるが、今回だけでも非常に多くのことを学んだ。この積み重ねは(独自の)有人飛行にもつながる」

 約9時間半にわたり、筑波で管制チームを率いたJAXAの山中浩二・フライトディレクター(41)は高揚した表情で成功の意義を強調した。

 ともに秒速約8キロで飛行するISSへのHTVの接近は、わずかなミスでも大事故につながる。ロボットアームによる宇宙船の捕獲は世界の宇宙開発史上初めてで、HTVの正確な接近が成功の鍵だった。

 米航空宇宙局(NASA)の関係者も「完璧(かんぺき)な成功だ。素晴らしい」と称賛し、ISSではドッキングを待たずに飛行士らが乾杯をした。

 成功の背景には、今月11日にJAXA種子島宇宙センター(鹿児島県)からHTVを軌道投入させた新大型ロケット「H2B」の存在も欠かせない。日本の宇宙技術の集大成で臨んだHTVは、関係者も驚くほど順調にスケジュールを消化している。

(産経ニュース より)

日本の新大型ロケット「H2B」とHTVの成功 !!

技術者の皆さんと陰の町工場の職人さん方々の喜びがこちらにも伝わって来ます。

今後、日本国独自の航空宇宙技術の急速な発展を期待致します。

おめでとうございました !!



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です