中国で非難の合唱「対日制裁せよ」…ウイグル会議が靖国神社を参拝!

世界ウイグル会議(議長:ラビア・カーディル氏)が14日、東京で会議を開き、一部関係者が靖国(やすくに)神社を参拝したことで、中国では日本を非難する声が高まった。

同記事を掲載した中国のニュースサイト「環球網」には日本を非難するコメントが次々に寄せられている。

「民族の腐敗分子であるラビアやダライの類(たぐい)も、日本や米国にとっては、実に利用価値があるようだ。まったく憎むべきことだ。とことん恨んでやる」、「中国は国際的な反日団体を支援せよ」、「日本を政治と経済で制裁せよ」などの書き込みが並んだ。

中国政府・外交部(外務省)は「日本側は強引にも、中国が一貫して反対しているにもかかわらず、会議を開催して反中国の分裂活動を行うことを許した。われわれは強烈な不満を表明する」と表明して、日本を非難した。

中国国内では、外国との問題が発生した場合、自国政府は「きつい言葉を多用するが、行動が伴わない抗議をするだけ」との見方がある。

外交部の日本非難についても、自国政府外交部を“抗議部”と言い換え、「抗議部がまた抗議した。『強烈な不満』だとさ。その後は、おとなしくなるのさ」と皮肉る書き込みが寄せられた。(編集担当:如月隼人)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0515&f=national_0515_073.shtml

(以上、サーチナより)

私の多くの知り合いの方々も、会議の為に日本へ行っています!!

林保華(凌鋒): 中國內部局勢的混亂,往往會發動一場對外戰爭來達到某種政治目的,目前中國與菲律賓也可能發生衝突,這點也是我們必須注意的,尤其是如果反對改革的軍人借發動戰爭來擴大自己的權力,將是中國前途的不幸。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

2 返信
  1. ケンカン
    ケンカン says:

    “中華人民共和国”(中共)をいつから”中国”と呼ぶようになったのですかね。
    [ねずきちのひとりごと]に拠れば,[シナの属国であった国だけが中国と呼ぶ。
    南北チョウセンがそうです。]日本は属国になったことが無いのでシナと呼びましょう。

    返信
  2. FDSA
    FDSA says:

    ケンカンさん。

    コメントをありがとうございました。
    「ねずきちのひとりごと」と申しますと「小名木さん」ですね。
    小生よりも4歳年上の方です。
    近々、小名木さんとお話ししてみたいと思います。
    次回、面白いお話しを更新させて頂きます。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です