中国に仲間なし! インドから日本まで民主主義国組めば牽制可!

資源、食糧の輸入大国となった中国の弱点は、貿易を海の交通に大きく依存していることだ。周辺の海洋民主主義国家が連携し合うなら、中国の暴走は牽制できると指摘するのは慶應大学大学院特別招聘教授の谷口智彦氏だ。

13億の胃袋は巨大だ。史上最大の遠洋漁業国となった中国からは、漁船も遠く大西洋まで出て行く。資源、食糧をますます海に頼りつつ、同盟相手をもたない中国は、洋上交通を自分で守るしかない。それが、周囲の懸念を無視して中国が海軍力強化にいそしむ一つの大きな理由だ。 

遠からず、大型艦船や潜水艦を太平洋の真ん中に押し出すことになるだろう。その際、出入口になる関所に当たる位置に沖縄の島々があり、南シナ海がある。ここを自分たちの自由にしておきたいと考えるのは、中国にとっていかにも「合理的」なことであるに違いない。

まさしくそこが中国の弱点になる。中国は海に依存せざるを得ず、頼れる仲間はいない。それならインドから日本まで、海洋の自由を重んじる民主主義国家が手を組めば、中国を牽制できるだろう。

まずは中国の圧力をひしひし感じつつある日本が、その旗振り役になるべきだ。

アメリカのオバマ大統領はアジア太平洋を「最も重要な地域」と位置付け、財政緊縮下でも関与を強める方針を打ち出した。これは同盟国日本にとってプラス。加えてオーストラリア、インドと連携すれば、海洋民主主義のネットワークが姿を現わす。そこにはシンガポール、インドネシア、ベトナムが加わる。

中国はそれらの国といたずらに対立する道をとることはできない。身勝手な振る舞いを、少しは改めるだろう。

http://www.news-postseven.com/archives/20130203_165540.html

(以上、NEWSポストセブンより。)



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

4 返信
  1. ケンカン
    ケンカン says:

    昭和天皇崩御では3日間も喪に服してくれた国,毎年,広島,長崎の原爆の日に黙祷してくれる国,日本をアジアの希望と称賛してくれる国,独立できたのは日本の御蔭だと感謝してくれる国-インド。
    もしインドがシナに照準当てている核爆弾の共同運用を日本にさせて貰えたら,シナは日本を恫喝,出来なくなります。(笑)

    返信
  2. FDSA
    FDSA says:

    ケンカンさん。

    コメントをありがとうございました。
    独立に関して感謝してくれている事実は有名ですね。
    3日間も喪に服してくれた事は初めてお聞き致しました。
    原爆の日も・・親日国家に敬意を表します。
    シナが日本を恫喝出来なくなる様にインドとの共同運用は絶対ですね!

    返信
  3. アジア素浪人
    アジア素浪人 says:

    ヨーロッパでも○○的大国思想はありますが中華思想では友達はできないでしょう。元朝貢国のお隣の国の思想もありますが(笑)
    やはり人の世界でも友人は対等でなければ真の友人は出来ず今の考えが続く限り未来永劫に無理と思います。

    返信
  4. FDSA
    FDSA says:

    アジア素浪人さん。

    コメントをありがとうございます。
    現中華的思想がどれほど国益を害し孤立へまっしぐらであるのか国の中枢は考えていないか又は、考えた末の結果とすれば真の売国奴と呼ばれる事でしょう。
    内紛勃発の危険性が極限に達していると云う見方も決して否定は出来ない状況かと。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です