中国の有害濃霧、日本面積の3倍に 病院取材を制限!!

中国環境保護省は29日、中国で深刻化している有害物質を含んだ濃霧が日本の国土の3倍以上に当たる約130万平方キロを包み込んでいると発表した。北京の病院は大気汚染を原因とする患者に関する取材を拒否、上部機関から指示があったと明らかにした。

同省によると、北京、天津と河北、山東両省で、6段階の大気汚染指数で最悪の「深刻な汚染」を記録。吉林省など東北地方や河南、湖北、陝西、四川各省など内陸部では2番目に悪い「重度の汚染」となった。

大気汚染の主要原因となっている車の排ガスなどに含まれる直径2・5マイクロメートル以下の微小粒子状物質「PM2・5」の数値について環境保護省は「28日よりも明らかに悪化している」とした。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130129/chn13012918170006-n1.htm

(以上、産経ニュースより。)

日本も及んでいるとの情報・・・心配です。

【中国】観測不能レベルの深刻な大気汚染 呼吸器疾患急増



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

4 返信
  1. アジア素浪人
    アジア素浪人 says:

    初めて北京に行ったのは冬でしたが上空から街並みは薄ぼやけ高度300m以下で初めて見えました。汚染された空気層が滞留してるのでしょう。
    東京はデーゼル車の黒煙規制後ワイシャツ襟の汚れが極端に少なくなりました。日本は川崎病を発端に公害規制、技術が発展し世界に冠たります。
    中国の大気汚染は黄砂以上に日本にも大きく影響しますので技術供与を一日も早くすべきと考えます。

    返信
  2. パパアキー
    パパアキー says:

    軍拡をしている中国、こんな国は少しも脅威ではない、大気汚染や水質汚染は世界最高レベル、加えて食品まで信用できない国、日本や周辺諸国はのらりくらりと時間だけ稼げばいい、既に中国人は公害病で倒れ始めた、この傾向はものすごい勢いで加速するはずだ、日本は絶対に手を差し伸べるべきではなくただ静観していれば良い、勝手に自滅してくれる中国は大歓迎であり、戦わずして勝つというのは孫子の兵法です。

    返信
  3. FDSA
    FDSA says:

    アジア素浪人さん。

    コメントをありがとうございました。
    初めて北京へ行かれた時の情景が目に浮かびます。
    以前、私が未だ20歳代の現役の頃はマニラ上空をヘリコプターで飛び回っておりましたが、同じ光景を想い出します・・・。
    東京も然りでございました。
    しかし、やはり日本ですね。公害規制から急速に改善されました。
    中国に関しては、日本への悪影響を考えると早急に手を打つべき問題です。

    返信
  4. FDSA
    FDSA says:

    パパアキ―さん。

    コメントをありがとうございました。
    「中国人は公害病で倒れ始めた、この傾向はものすごい勢いで加速するはずだ。」・・・計測器の針が振り切れる程の状況ですから深刻ですね!
    中国だけの自滅なら歓迎です。孫子の兵法は心得ておく必要は大有りかと。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です