中国・韓国に遅れるな、いざカンボジアへ~日本からの投資ブーム到来、続々進出し始めた大企業

中国青海省の南部、いわゆるチベット高原と呼ばれる、チベット自治区との境界線となるタングラ山脈北面にその源流を発するメコン川。

中国雲南省を経由し、ミャンマー、ラオス、タイの各国境線を流れ、カンボジア、ベトナムを貫き、南シナ海に抜ける。 世界有数の国際河川である。

ー成長著しい大メコン地域経済圏ー

総全長は4000キロを超え、その流域には世界的に見ても最も多様性豊かな生物群が育まれているという。
流域人口7000万人以上とも言われる人々の生活を歴史的に支え続けた大河である。

そのメコン川中流・下流域に位置するインドシナ5カ国(タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマー)に、上流域の中国雲南省を加えた地域が、「大メコン地域経済圏」(The Greater Mekong Sub-region, GMS)と呼ばれる。

その経済圏としての成長可能性から、近隣諸国のみならず広く海外からの注目を集めている。

「当該流域の5カ国+1地域は、その地域で従来続けてきた伝統的な農業経済から、さらに多様化した市場経済に徐々に移行しつつある」

「国境貿易のバリアフリー化の推進、投資・労働力の移動簡易化など、6カ国の商業的協力関係が、当該流域外の諸国との関係よりも意図的に優先進捗される」

ータイとベトナムにはさまれた小国、カンボジアー

こうした事実と観測の混在した成長ポテンシャルへの見込みが、そもそもアジアを成長エリアとして有望視していた企業、投資家をより強くGMSに惹き付けている。

中でも、まさにこの1~2年ほど前から、にわかに日本企業、日本投資家から脚光を浴び始めている国が、インドシナ半島の中部、タイとベトナムにはさまれた地域に位置する小国、カンボジアである。

すでに長期間にわたり現地での経済活動が続けられ日本にとってなじみが深くなっているタイ、ベトナム。
一方、まだ政治体制やインフラ整備状況などが風聞ベースで不安視されるラオス、ミャンマー。

カンボジアは、当然後者チームに分類される国、というのが一般的に抱かれているイメージだと考えられるが、昨今は従来イメージとは違った様相を見せ始めている。

カンボジアといえばと聞かれて、一般的な現代日本人が思い浮かべるイメージに、概ねであっても正確な歴史の時間軸を求めるのは難しい。

ー1990年代のアジアブームにも取り残されたー

古くは大虐殺の歴史があった悲劇の国であり、多種多様なボランティア活動、NPO活動のメッカであり、一部富裕層や著名人による学校建設、貧困救済や、悲劇の歴史の後始末としての地雷除去が延々と続く国。

世界遺産としてのアンコールワットは有名だが、それ以外の観光資源も特に思い当たらず、実際現地に行くのは相当な僻地好き・アジア好きな歴戦の強者バックパッカーくらいでは、といったところだろう。

事実として長い間、個人観光にとってのみならず、民間企業にとってもカンボジアは、進出云々を検討される対象にすらなりえなかった。

1990年代、日本はアジア投資ブームで沸いたが、その行き先はタイ・ベトナムが主であり、カンボジアに向かう企業はほとんど見られなかった。

カンボジア投資法整備後、カンボジア開発評議会(Council for the Development of Cambodia, CDC)が1994年に設立された。

ー申請された日系の投資プロジェクトはわずか10件ー

カンボジア復興開発監督・投資活動全般の評価および意思決定をワンストップで行う、カンボジア経済財政省と商業省による合同機関として発足した当評議会によると、1990年代に申請を認可した日系投資プロジェクトは10件にとどまる。

大型案件としては、トヨタカンボジア(トヨタ自動車販売会社)、カンボジアスズキモーター(スズキ二輪車製造販売会社)あたりがめぼしいところだったが、そのほかはコンクリート製造やホテルなど比較的短期・小型プロジェクトが占めていたという。

カンボジアの潜在ポテンシャルにいち早く目をつけ、2000年前後から着実に民間投資額を伸ばしてきた中国・韓国・台湾などのアジア諸国に比べ、2000年に入っても日本からの民間投資は伸び悩んだ。

2000年から2007年までの追加民間投資案件は8件。
1990年代の案件も含めた民間プロジェクトの投資額累計は概算で約1.3憶ドル。

一方、同時期に、中国からは約17億ドル、韓国からは約15億ドルを超える投資がなされたという。
日本はこのアジアの小国でも、怒涛の中国・韓国勢の後塵を拝する形となっていた。

ーターニングポイントとなった2008年ー

なかなか勢いに乗り切れずにいた日本民間勢であるが、2008年に入ると一転、活性化の兆しを見せ始める。

2008年、2009年にかけて新規に投資申請が認可された日系企業案件は10件。
2010年に入るとその流れはさらに加速。
2010年から2011年7月現在、新規で30件の投資申請が実行されている(25件は認可済み、5件は申請審議中)。

2007年までの約15年間に申請された案件数が18に対し、2008年以降の3年半で40件。
その増加数はまさに飛躍的である。

日本からの直行便はまだないものの、タイ、ベトナムなどの周辺国や、韓国、香港、上海、シンガポールなどアジア諸国から14を超える国際線が乗り入れるプノンペン国際空港。
カンボジアにおける、主に政治経済面での、空の玄関口である。

空港を出て国道4号線を西にわずか8キロ。 
巨大な白亜のゲートの先にプノンペン経済特区(Phnom Penh Special Economic Zone, PPSEZ)が広大な敷地を構える。

ー自前の発電所まで持つ日本品質の経済特区ー

開発当初から日系中堅デベロッパーが関与し、基本設計・インフラ設備などすべての面において「日本の目」が行き届いた当該特区は、化学浄化処理設備も備えた上下水道施設や、15メガワット/時の発電能力を有する自前の発電所を有する。

総面積360ヘクタールを超える敷地のうち工事が完了している第1期(141ヘクタール)の工場エリアはすで完売。
日本からも、中堅縫製業、製造業のみならず、ヤマハ、味の素、ミネベアなどの大手も、土地を押さえ工場を建設・稼働させ始めている。

立地条件・インフラ設備などの品質面、入居コスト・水道光熱費などのコスト面、ともに“最高級”路線をひた走るPPSEZ。が、当然、外資企業を誘致する経済特区(SEZ)はPPSEZだけではない。

カンボジアには現在、認可されたSEZは21カ所。
PPSEZのように内陸部中心地に位置するのはむしろ稀で、その多くはタイやベトナムとの国境エリアに陣取っている。

実質的に現在稼働しているSEZは、PPSEZを含め5カ所にとどまるが、ベトナム国境地域に近いタイセンSEZにはすでに日系の紳士服メーカー、手袋メーカー等が進出。タイ国境に近いポイペトSEZなどにも多くの企業の触手が伸びている。

この1年半の間、PPSEZのみならず国境エリアの経済特区も含め、中堅・大手入り混じった日系企業の視察団ツアーが後を絶たない。

ーフンセン統治下で10年以上続く安定的経済成長ー

カンボジアは1970年代からの内戦状態から、75~78年のポルポト政権時代を経て、1991年10月の和平協定・内戦終結後の1993年カンボジア王国として再スタートを切った。

1990年代には国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)の統治の下、議会選挙に基づく民主政権の安定化に努め、途中、首都での武力衝突などの混乱も経ながらも、1998年にはフンセン首班の下の政権が発足、2院制に基づく立憲君主制の民主主義国として生まれ変わり、その後10年以上におよび安定的な政治的経済的成長を果たしている。

昨今、日本人の有名人気俳優がカンボジア親善大使となり、当俳優が主演する日本の若者たちとカンボジアとの交流をテーマとした映画がメディアをにぎわした。

運動神経に長けた日本芸能人が、カンボジア国籍を取得しカンボジア代表としてオリンピックを目指しているという。

これら、いわば文化的側面での交流・メディア発信により、日本でもカンボジアという文字情報、映像情報を目にすることが多くなってきた。

それと同時進行で、まだ目立たないながらも確実に加速し始めているビジネス面・経済面の潮流にも注目していきたい。(つづく)

(以上、JBPRESSより)

ー経済発展を遂げるカンボジアー



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

2 返信
  1. アジア素浪人
    アジア素浪人 says:

    古くはUNTACがいた選挙時(自衛隊PKOが始めて派遣された)2年弱駐在した経験か見ると2008年に再駐在(非定期)した時の変貌は目を見張るほどでした。
    街にはレクサスが溢れ役所で英語が通じ4号線両側に多くの大型縫製工場が建ちハングル、漢字が溢れています。
    唯一の外海港は、縫製品輸出原反輸入のコンテナー、韓国からのスクラップ同様な中古車で溢れてrます。港は円借款で整備され隣接し借款で工業団地造成中。
    プノンペンより約100kmの地には、中国が建てた大きな士官学校があります。
    アンコールワット地域には多くの有名ホテルが営業し乾季は多くの観光客で溢れます。

    実体は?レクサス所有者等の裕福層は高級軍人、高官。国有地の売却、密伐採で得た金。工場労働者給与は$80程度、US AIDで整備された4号線は(ベトナム戦争時に兵站用に整備された)有料道路に。外国公務員汚職防止法条約批准の日本は活動できません。
    韓国人はここでも悪評、政府が韓国人との結婚を禁止したほど。

    アンコールワット観光も一皮剥けば同様。膨大な遺跡域入域税の大半はベトナムに。ポルポト戦のベトナム軍の戦費です。最近問題になっているのは禁止されてる籾のベトナムへの密輸。
    フランス時代同様、ベトナムの属国になりつつあります。

    今、まさに土地バブル状態です。
    日本人を含め韓国人、中国人は母国に住めない人達と感じます。
    又、小児性愛者・薬物・マネーロンダリング(ロシアマフィア)天国。
    多くの日本人が取締まりの厳しくなったタイを逃れ棲み着いてます。$300で生活できます(レベル次第)

    カンボジアにちょっと詳しい者の視点です。

    返信
  2. FDSA
    FDSA says:

    アジア素浪人さん。

    いつも、コメントをありがとうございます。
    なるほど・・・流石ですね。
    カンボジアにちょっとお詳しいどころか・・専門家みたいな情報ですが??
    やはり、実際に滞在しておられた方のお話しは現実的に貴重な情報です。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です