事故や事件で人が亡くなった事故物件を調べるサイトがリニューアル

マンションやアパートなどで自殺や他殺、事故によって命を落とした人がいると、その物件は事故物件と呼ばれるものとなる。
住むことに対して問題はないが、そのような亡くなり方をした人がいると、賃料が極端に安くなるのが普通だ。

事故物件がどこにあるのか? 自分が住んでいる物件が事故物件なのではないか? などを調べたい人は、事故物件を地図上から検索できる『大島てる』というサイトを利用するといいかもしれない。
『大島てる』は東京都内をメインに、数多くの事故物件データベースを抱えているのである。

当編集部は以前にも『大島てる』を紹介させてもらったが、最近リニューアルしたようで、より事故物件を検索しやすくなったようだ。
また、日々どんどん新しい事故物件のデータが追加されているようである。

いくつかデータを調べてみたが、火災で亡くなった方が非常に多いことに驚かされる。
タバコの火やストーブなど、今まで以上に火の元には用心して生活をしたくなるデータである。
また、残念なことに他殺で亡くなった方が多いこともわかった。

「大島てる」は此方から : http://www.oshimaland.co.jp/

http://rocketnews24.com/2011/08/23/124073/

(以上、RocketNews24より)

こう言うのは、判らない方が良い時もありますね。

もう既に居住してしまっていて簡単には転居出来ない場合とか・・。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です