伊の〝忠猫〟 亡き主人の墓石にお供え!

イタリア中部フィレンツェ近郊の小さな村で、亡くなった飼い主の墓に1年以上も木の葉や小枝などをお供えしている〝忠猫〟が話題になっている。

地元紙によると、この猫は白と灰色の毛並みの3歳のトルド。
中部モンタニャナの飼い主レンゾ・イオツェッリさんは2011年9月、71歳で亡くなった。
レンゾさんに生後3カ月で引き取られ、かわいがられてきたトルドは、葬儀当日も墓地までレンゾさんのひつぎを追い掛けた。

翌日、妻のアダさんが墓地を訪ねると、墓石の上にアカシアの葉が置かれていた。
その後もプラスチックのコップやティッシュペーパーなどが連日「供えられる」ようになり、多くの目撃情報からトルドが置いていたことが分かった。

アダさんは「夫にとても愛されたトルドが感謝の気持ちを表しているようだ」と話している。  
(共同)

画像は此方 : http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2013/01/09cat/

(以上、産経ニュースより。)

此れは、ほんとうによく分かります。

私が小学生のころ近所に三毛のどら猫が居ましたが、或る日、頬を腫らして片眼しか利かない状態で私のはなれの部屋に入って来ました。
(以前からちょくちょくと勝手に引き戸を開けて入って来ていました。)

膿を出して応急処置をしてあげたあと、数日後から朝目覚めると私の枕元に或るものが置かれるようになりました。

不審に思って母に聞くと「ミーコ:どら猫の名前」が毎朝、私の部屋から出て行くのを見かけていると。

その或るものとは・・・トカゲ、カエル、小さなヘビなど・・。

最初はビックリ仰天でしたが、傷を治してくれたお礼に置いていってくれていると分かってからは、むやみに捨てる訳にも行かず、食べたふりをしながら袋に入れて遠くの場所へ捨てる日々が続きました。

彼女にしてみれば 「素晴らしいご馳走だから、まぁ食って下さいな。」 との思いで毎朝置いていってくれていた訳ですね・・・。

恩を忘れない動物はかわいいです。

只、死んでしまった時の悲しみに耐えられないので我が家ではペットは飼わないようにしております。

因みに下の写真の真っ黒な彼女は、我が家のペットではありませんが、毎晩我が家へ遊びにきてくれます。

(同じビレッジ内に住んでいる韓国人駐在員のペットです。)



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です