僕が「遊んで!遊んで!」と吠えなければ・・・まだ家にいることができたのかな?

僕がマナーを教えてもらえていたなら、まだ家にいれたのかな?

僕が「遊んで!遊んで!」
と吠えなければ、まだ家にいれたのかな?

… あなたが僕を見てくれていなかった時も、僕はあなたしかいなかったので
今までの生きてきた時間全ては、あなたを待つことでした…

これからもずっと虹の橋のたもとで、愛するあなたを待っています。
こんどこそ僕を愛して下さい。

子供のころ『動物保護センター』に見学に行った時に、飼えなくなったペットを持ち込んだおばさんにセンター方が言った言葉…

「あなたが選んで家族に迎えた子ですので、飼えなくなったならあなたの手で殺して食べてあげて下さい。
その位の覚悟がない人は動物を飼わないで下さい。」

動物は吠えたり、鳴いたりします。
自分では何も出来ません。
お金も手間もかかります。

でも無償の愛をくれるのです。
あなたは無償の愛を殺せますか?

紫桜 玲さんより。

ペットにも心があります。
無償の愛を届けてくれているペットを大切にして上げて下さい。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です