台湾の子供〜中国は不良品・詐欺師輸出国、米国は邪悪な帝国、韓国は?

台湾のある子どもが描いた世界地図がネットユーザーの関心を集めている。
地図の内容からみて、小学生が描いたものと推定される。

この地図が目を引く理由は、地図の中に書かれた国の特性のためだ。
多分に恣意的だが、子どもが描いたという点から、台湾人の意識をうかがうことができる。
ネットユーザーは「希望事項を書いている」「韓国には劣等感を抱いているようだ」などの反応を見せている。

以下は地図に出てくる国別の解釈だ。

▽台湾=「強大な台湾!」

▽日本=いたるところ成人物

▽韓国=すべて自分のものという国

▽中国=不良品・詐欺師集団の輸出国

▽モンゴル=台湾のもの

▽東南アジア=特別なものがない国々

▽フィリピン=「マリア」という家政婦が多い国

▽中東=砂漠、戦争

▽アフリカ=ご飯を残せばママが「ここにあげてしまうぞ」という

▽豪州=土着民統治

▽ニュージーランド=羊が統治

▽英国=ホグワーツ魔法魔術学校

▽ヨーロッパ=一日中出勤せずアフタヌーンティーを飲む

▽ロシア=VITASが偉大、ペルシャ猫の産地、木が多い

▽アラスカ=天堂

▽カナダ=お金がなくて米国に行けない学生が行くところ

▽米国=邪悪な帝国、(ニューヨークには)王健民(ヤンキース台湾人投手)、(カリフォルニアには)不法滞在者、(テキサスには)石油

▽メキシコ=犯罪

▽カリブ海=台湾の修交国

▽南米=すべてサッカー

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=139589&servcode=A00&sectcode=A00

(以上、中央日報より)

笑ってしまいました! 数カ国当たっている!

しかし、大日本帝国が飛んでも無く「情けない」事になってますが・・・。

意外なところでは「カナダ」・・。

ニュージーランドは酷い事になってます。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です