国内最大ロケットH2B打ち上げ成功 !!! (初の宇宙輸送機搭載)

頑張れ !! 日本の宇宙航空技術 !!

日本初の宇宙輸送機「HTV」を載せた国内最大の新型ロケット「H2B」が11日午前2時1分、種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げられた。日米の実験装置などを積んだHTVは約15分後に分離され、ロケットの打ち上げは成功した。18日に国際宇宙ステーションへ結合する予定。

 H2Bは2本の主エンジンと4本の固体補助ロケットに点火された後、オレンジ色の炎で夜空を染めながらぐんぐんと上昇した。

 HTVは全長10メートル、直径4.4メートルの円筒形。最大6トンの物資を積める。宇宙航空研究開発機構や三菱重工業などが開発した。宇宙ステーションが運用期限とする15年までの輸送業務を担い、毎年1機ずつ計7機を打ち上げる計画だ。

 日本が宇宙輸送機を運航するのは初めて。大型ロケットの輸送能力と宇宙輸送機の精密飛行を実証すれば日本の宇宙技術は世界トップに迫る。

以前の日記にもありますが、日本国で初めてロケットエンジンの炎が出現したのは第二次大戦末期「三菱重工」に依る「秋水」B−29迎撃機開発の時でした。
(当時、ドイツからの技術供与でしたが。)

戦後、米国などからの圧力により日本国の航空技術開発はその驚異に恐れをなした奴等に依って遅らされておりましたがそろそろと本領発揮です !!

町工場の熟練職人の方々の再びの出番です !!

現代のコンピューター加工にも決して劣らないマイクロ単位以上の「職人の手と発想」で再び世界にその汗と、血の滲んだ世界最高峰の技術の手を堂々と見せて下さい !!!



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です