大日本帝国海軍潜水艦乗務記録 インド洋 #1〜#7

 ー伊号潜水艦ー

非常に貴重な映像です。

世界最大の潜水艦ー「伊400型」

1944年12月竣工の伊号潜水艦「伊400型」も、日本特有の潜水艦で「特潜型」とも呼ばれたこの潜水艦は、3機の航空機を艦載していた。
地球上で唯一の「潜水空母」である。
艦載された攻撃機「晴嵐」は、折り畳み翼でコンパクト収納出来た。
伊400型の全長は122m、駆逐艦なみの大きさで、潜水艦とは思えない程巨大だった。
ドイツのUボートC型と比較したすると、
「伊400型」の全長は122mで、Uボートの約2倍。
排水量は6,560トンで、Uボートの約8倍。
主機関ディーゼルエンジンは4基7,700馬力で、Uボートの2.8倍。
潜航時に使う電気モーターは、 2基2,400馬力で、Uボートの3.2倍。
最高速力は、水上で18.7ノット(時速35km)、水中で6.5ノット(時速12km)で、Uボートと同等。
1回の燃料補給での航続距離は、69,450kmと凄く、Uボートの5倍、軽く地球を一周出来る。
乗員は157名で、 Uボートの4倍。
まさに、歴史年表を刻む巨大潜水艦であった。
後にミサイル型原子力潜水艦が登場するまで、世界最大の潜水艦の座に君臨した。
航空機を3機搭載させたのは、アメリカの戦意を挫く目的で具体的には、太平洋を潜航して東部沿岸都市を爆撃する。
アメリカの主要都市が空爆された、という精神的ダメージを狙った。
尚、この巨大潜水艦は戦後、米軍により接収され徹底的な技術調査を受けた後、日本の潜水艦最新鋭技術・アイデアが第三国へ漏洩するのを恐れた米側に依り爆破処理された。
その技術資料・アイデアの一部が米軍の軍事開発の元になり現代にも活かされいるのをご存じですか?

(「伊号潜水艦」より一部抜粋)



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です