大東亜戦争 : パラオ共和国 「歴史を超えた友情」

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人がいました。

「あそこで、みんな死んでいったんだ……」

沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟きました。

太平洋戦争時、その島には日本軍が進駐し陣地が作られました。

老人は村の若者達と共にその作業に参加しました。

日本兵とは仲良くなって、日本の歌を一緒に歌ったりしました。

やがて戦況は日本に不利となり、いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になりました。

仲間達と話し合った彼は代表数人と共に日本の守備隊長のもとを訪れました。

「自分達も、一緒に戦わせて欲しい」 と。

それを聞くなり、隊長は激高し叫びました。

「帝国軍人が、貴様ら土人と一緒に戦えるか!」

日本人は仲間だと思っていたのに……みせかけだったのか。

裏切られた想いで、みな悔し涙を流しました。

船に乗って島を去る日 日本兵は誰一人見送りに来ませんでした。

村の若者達は、悄然と船に乗り込みました。

しかし船が島を離れた瞬間、日本兵全員が浜に走り出て来ました。

そして、一緒に歌った日本の歌を歌いながら、手を振って彼等を見送ったのです。

先頭には笑顔で手を振るあの隊長(中川大佐)が・・・・・

その瞬間、彼等は悟り、全員が涙しました。

「あの言葉」は、自分達を救う為のものだったのだと……。

「パラオの統治者である日本軍」としては、パラオ諸島の小さな島「ペリリュー島」の民間人を“圧倒的不利な戦局”に巻き込んではならないと配慮したのです。

そして船舶も乏しい中、空襲を避けて夜間に船を出し、住民の全員をパラオ本島に避難させたのです。

そして日本軍はパラオを死守するために文字通り死を覚悟して戦いました。

日本は圧倒的に不利だった。アメリカに制海権・制空権を掌握されている上に、兵力14倍、航空機200倍以上、戦車100倍、重火砲1000倍と言う歴然たる戦力差。

しかし、それでもアメリカの上陸作戦史上最高の損害比率を出させるほどに抵抗し、全く補給もなく73日間も守り通し、玉砕しました。

最期に『サクラ・サクラ』という電文だけを残して。

戦いが終わって帰島した彼等は、そこに横たわる日本兵を見て号泣きしました。

そして、日本兵全員の遺体を丁寧に葬りました。

いつ、日本から遺族の方達が来島してもよいようにと。

その戦いの甲斐あって最大激戦地「ペリリュー島」での「民間人死傷者はゼロ」だったのです。

* 日本は、パラオを第一次大戦時にドイツから解放し委任統治時代(1914年から31年間)にパラオに野菜やパインアップルなどを持ち込み、缶詰やビールなどの工場を作り雇用を創出し、道路を舗装し橋を掛け電気を通し電話を引くなどのインフラ整備も積極的に行いました。

また、住民全てに対して数種の疾病に対する「予防接種」を受けさせ、公教育を子供達に受けさせました。

パラオの人々の「親日感情」は、とても強いのです。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です