好調な「中国撤退セミナー!」

13年ぶり成長率8%割れ 加速する脱・中国

2012年の中国のGDP=国内総生産の成長率は7.8%となり、13年ぶりに8%を下回りました。

ヨーロッパの金融危機や日中関係の悪化で輸出が伸びなかったほか、内需も振るわなかったことが原因です。

こうしたなか、今週、北京では中国から撤退する際の実務を学ぶ「撤退セミナー」が開かれました。

セミナーを開いたキャストコンサルティング上海によると人件費の高騰や対日感情の悪化など、中国リスクが鮮明になり、こうしたセミナーへの参加者は増え続けているということです。

実際にパナソニックやアディダスは工場を閉鎖し、東南アジアへとシフトする動きも見られます。

脱中国を進めているのは外資系企業だけではありません。

中国最大手のネット通販アパレル「凡客(ヴァンクル)」はシャツやズボンなどの一部を、バングラデシュで生産し始めています。

人件費の高騰が続く中国は、すでに東南アジアにコストで敵わなくなってきています。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_33680/

(以上、TV TOKYO digital7より。)

他の国でも撤退は進出よりもたいへんですから、此れが支那となったら数倍の労力、費用、時間が必要です!!



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

3 返信
  1. ケンカン
    ケンカン says:

    wbsで「去年のシナへの投資が8兆円」と。未だバカがそんなにいる事が不思議です。
    輸入はかさ上げして手持ち資金を海外へ不正移転。
    輸出はかさ上げした嘘で政府から,より多くの輸出奨励金貰う。
    省はGDPをかさ上げして中央の評価を得る。
    官僚達は10年で260兆から450兆円(機関によって推定額が異なります)を海外へ持ち出した。
    シナ人自身が信用していない国へ投資するバカ。

    返信
  2. FDSA
    FDSA says:

    ケンカンさん。

    コメントをありがとうございます。
    日本から未だ中国へ8兆円も投資を入れている企業が存在しているんですね。(支那の資本が入っている企業なのでしょうか?)
    仰います様に現状が明るみに出ていながら「支那人自身が信用していない国」などに投資する日本企業のポリシーが理解出来ません。
    他人事ながら末が心配になってしまいます・・・。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です