妻が年下であればあるほど夫婦は長い期間年金を受け取れる!

夫婦単位で受給額をアップさせるテクニックがある。
「年金博士」として知られる社会保険労務士・北村庄吾氏がいう。

「夫婦の年金で忘れてはいけない制度が『加給年金』と『振替加算』です。
年金事務所で申告しないともらえないので注意が必要です」

「加給年金」とは、現役時代の扶養手当のようなもので、夫が65歳になった時、65歳未満の妻や18歳年度末までの子供がいれば、妻と子供がそれぞれ65歳と19歳になるまで、一人につき年間22万7000円が夫の老齢厚生年金に上乗せされる(ただし、3人目以降の子供については年間約7万6000円)。

つまり、妻が年下であればあるほど長い期間受け取れることになる。
妻には「特別加算」(※下記参照)も別途支給されるので、加給年金と合わせて最大で年間約40万円を受け取れる場合がある。

その支給条件は、夫の厚生年金加入期間が20年以上であること、妻(年収850万円未満)の厚生年金加入期間が20年未満であることだ。

「サラリーマンを20年弱で辞めているような人は、厚生年金に加入する会社でもう少し働いて、加給年金の条件を満たせば、賃金以上の見返りが得られます」(北村氏)

妻が65歳になったら、夫の年金に上乗せされていた「加給年金」は「振替加算」と呼び名を変え、妻の方に生涯支給されることになる(ただし、「特別加算」はなくなる)。
振替加算の額は高齢世代ほど高く、若い世代ほど少なくなっている。
妻の生年月日に応じて受け取る額が変わるので、注意が必要だ。

※特別加算:1934年4月2日以降生まれに限り、加給年金に上乗せされて支払われる加算金のこと。金額は年額3万3600〜16万8100円。

(以上、週刊ポスト2011年5月13日号)

フィリピーナとご結婚されている殿方は、有利ですね!
かなり年齢差のあるカップルの方々が多いですから。

とか言う私等夫婦も23年の年齢差が有りますが・・。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です