定年技術者〜原発へ志願!「若いやつらに行かせるわけにはいかない。俺たちは死んだってたいしたことはない」

ー定年技術者ら40人「原発で働かせて」…復旧ボランティア志願ー

東京電力福島第1原発の危機を回避するべく、還暦を過ぎた元技術者たちが、ボランティアでの復旧作業を志願している。
プロジェクトには28日までに、女性を含む約40人が参加を表明。
高濃度に汚染された原発内部で、被ばく量限度を超えての作業も辞さない意気込みだ。
発起人の山田恭暉(やすてる)さん(72)は「若いやつらに行かせるわけにはいかない。俺たちは死んだってたいしたことはない」と死を恐れず、原発に立ち向かう。

顔には深いシワが刻まれているが、眼光は鋭い。
山田さんは命を賭する覚悟を口にした。
「なーに、死んだってたいしたことないよ。子どもも成人した世代だし。東電や政府の悪口を言っても、何も解決しない。切り込んでいかなきゃ」

原発の事故現場で作業する60歳以上の高齢者(主に元技術者)を募る「福島原発暴発阻止行動プロジェクト」が誕生したのは、震災から約10日後。
60年安保闘争で、運命を共にした元技術者らが集う会合の場だった。
原発の専門知識を持つ数人で意見を出し合い、「高濃度に汚染された場所で、技術者が3〜4時間続けて作業して、10年間は作動する冷却装置を設置するしかない」との結論に至った。

ならば、誰がやるか? 「俺たちがやるしかない―」。
異を唱える者はいなかった。

4月上旬から友人、知人、関係者にメール500通、郵便2000通を出して募集。
すでに「行動隊」には約40人の志願者が集まっている。
活動を支援する「応援隊」(年齢制限なし)は200人を超えた。

志願者の中には数人の女性もいる。
佐々木和子さん(72)は「話を聞いた瞬間に『我が意を得たり』と。すぐ決意しました」と語る。
90年代、チェコで原発の廃炉計画を進める際、通訳として働いた経験を生かすつもりだ。
「もう十分に人生は楽しんだから。家族は反対しないかって? 夫も行くつもりだから大丈夫」

ほかにも最高齢の78歳男性を筆頭に、火力発電所での勤務経験者、大学教授、配管工と多彩なメンバーが名を連ねる。ある70代男性は「神風特攻隊とは違う。
論理的、合理的に手助けをする」と静かに決意を語っている。

東大工学部在学中に安保闘争に参加し、逮捕された経験もある山田さんは卒業後、住友金属に技術者として勤務。
「40代の頃は、(自社事業に取り入れるため)東海村で原子炉構造を勉強しました」。
知識と経験を、人生の集大成として総動員する。

ただ、計画を実行に移すには東電と政府の了解が必要になる。
山田さんはすでに約20人の国会議員に嘆願。政府筋にも働きかけている。
プロジェクトの骨子を英仏独などの外国語に翻訳し、ツイッターなども駆使して海外に訴える作業も開始した。

「これは第2の戦後です。世論を動かして、絶対に戦いたい」

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20110429-OHT1T00022.htm

(以上、スポーツ報知より)

何も言葉がでません・・。

ところで、東電の方々は?????



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です