尖閣衝突の船長〜現在無職、借金で生活、タバコ4箱の毎日

24日付の香港紙、明報は、昨年9月に発生した尖閣諸島付近の中国漁船衝突事件の●其雄船長との単独インタビューを、23日付に続いて報じた。船長は事故後、漁に出ず、地元当局の監視を受ける毎日で「いらいらし、毎日たばこを4箱吸っている」と近況を語った。

同紙によると、船長は「政府は自分が外出するのを好まない」として、ほとんど自宅で過ごしている。
「誰から電話がかかってきたか、政府は全て知っている」といい、漁は「また日本人(の船)に遭遇したら国に迷惑をかけるので、行きたくない」と話した。

帰国直後に寄せられた見舞金は使い果たし、満足な仕事もなく、最近は借金して目の不自由な母親と妻子を養っているという。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110524/chn11052412570000-n1.htm

(以上、産経ニュースより)

此の船長、中国の「英雄」の筈でしたよね・・・?

それとも・・中国の本音は「余計な事しやがって!!」とかなんでしょうか?



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です