急成長するインドネシア!フェラーリ、ハーレーの販売台数は世界一!

フィリップ・コトラーと言えば企業のマーケティング担当者にとっては神様のような存在と言われている。ノースウェスタン大学ケロッグスクール教授の彼は2010年にマーケティング理論の新しい概念「マーケティング3.0」を打ち出している。

ーインドネシアが主導するマーケティング3.0の世界ー

面白いのは、その著書『maketing 3.0:From Products to Customers to the Human Spirit 』が、インドネシア人の学者と共著であることではないだろうか。

インドネシアはまだ国民1人当たりのGDPが3000ドルをようやく上回った段階(2011年のデータで3508ドル)だ。

3000ドルというのは、それを超えるとモータリゼーションが本格化して高度成長が始まるという意味で、マジックナンバーと呼ばれている。

そんなまだ発展途上にある国の学者と世界的権威である米国のコトラーが新しい概念を表す。実はそこに世界の大きな変化を見て取れる。

つまり、成熟した米国だけからは新しい発想が生まれにくくなっている。

そして、インターネットという大変優れたマーケティングツールが整った段階で、いよいよマジックナンバーを迎えようとしているインドネシアにこそダイナミックな発想の転換が必要になっているということだ。

実際に、インドネシアの首都ジャカルタで会った共著者のヘルマワン・カタジャヤさんは次のように強調する。

「インドネシアの消費経済はこれから本番を迎えます。ここでは、これまで東南アジアの成長を引っ張ってきたシンガポールやマレーシア、あるいはタイなどとは少し違った現象が起きています」

「従来、つまりマーケティング1.0の製品中心の時代、2.0の顧客中心の時代とは明らかに違ってきているのです」

「顧客は技術や製品を知らないから企業が顧客にそのことをアピール(教える)というような縦の関係のマーケティングをしても、十分な効果が得られなくなっています」

「例えば、企業はこれまで顧客との親密な関係を作るためにキャラクター作りを心がけてきたと思います。製品や技術の特徴を象徴するブランド作りに躍起になってきました」

ーインターネットが普及した市場の怖さー

「それは非常に効果が大きかったのですが、米国のリーマンブラザーズの経営破綻が明示しているように、何か問題があればそのブランドは瞬時に崩れ去ってしまう」

「インターネットが人々の中に深く入り込んだ社会ではそういうブランド力は砂上の楼閣とも言えるのです」

「逆にそうした環境では、顧客と企業がスピリット(精神)を共有することができれば極めて強い関係を構築できます」

「消費が爆発し始めているインドネシアでは、まさにここ(マーケティング3.0)が企業にとって最も重要になっている点なのです」

インドネシアは1人当たりGDPは3000ドルをやっと超えたばかりながらも、フェイスブックのアカウントを持っている人の数は米国に次いで2位。携帯電話は平均して1人が2台以上、ビジネスパーソンなら3台持っている人もざらだ。

欧米や日本では完全に下火になっている「ブラックベリー」の普及台数もまだ右肩上がりを続けている。

消費のマジックナンバーに達した国が、インターネットの利用では世界有数というこれまでにはない現象が起きているのだ。

さらに、インターネットの普及だけでなくインドネシア独特のコミュニケーション様式の効果もこれに加わる。

「アリサン」と呼ばれる一種の頼母子講である。

これは一般的にインドネシアに根づいている相互補助の金融システムのことを指すが、そうした金融以外に知人同士の非常に深い意見交換の場としても活用されている。

インドネシアの有力な広告代理店の1つ、オゼ(OZE)のオマール・シャハブ海外事業部長は次のように話す。

ーインドネシアの消費を引っ張るのは女性ー

「インドネシアではアリサン抜きにビジネスは考えられません。何しろ消費に最も影響力のある都市に住む女性の36%もの人がこれに加わっているのです」

「企業の悪い評判は、それこそ1日に千里を走ると言っていい。一方で気に入られれば、あっという間に広がります」

「インドネシアでは耐久消費財を購入する際の決定権は女性にある場合が多い。また、比較的裕福な層の女性たちはとにかくプレミアムな商品を好みますから、日本など海外の有力な企業にとっては、アリサンには気を配っておく必要があります」

インターネットとアリサンによって、情報は即座に伝播する。東南アジアで最も遅れて本格的な消費市場に参加し始めたインドネシアだが、その環境は東南アジアの“先輩国”たちとはかなり異なるのである。

そして、インドネシア市場が遅れている認識では間違いなく失敗するとマーケティング3.0のヘルマワンさんは言う。「最先端のマーケティング手法を駆使しなければ勝てないのです」。

2億45000万人という人口は他の東南アジア諸国を圧倒している。日本企業も1000社以上がすでに進出しており、この国の将来性については折り紙つきだ。

市場の90%以上のシェアを日本メーカーが押さえている自動車の販売台数は今年100万台を突破するのは確実で、もちろん東南アジアで最大。今後急速な発展が期待されている。

最高級車の代表格であるイタリアのフェラーリは、世界で最も売れているのがインドネシアだという。大型バイクのハーレーダビッドソンもインドネシアが世界最大の市場だそうである。

日用品はもちろん、最高級品までが飛ぶように売れる。インドネシアの首都ジャカルタは世界で最も熱い(暑い)都市と言えるだろう。

ー日本車の市場シェアは90%以上ー

幸い、日本はインドネシア人にとって好感を持って受け入れられている。何人かのインドネシア人にインタビューしたところ、全員が日本車を保有していた。

月収が日本円で30万円を超える家族になると2台目の日本車を持つところがある。それとは別にホンダかヤマハのバイクも保有しているのが普通だ。

テレビは残念ながら韓国のサムスン電子やLG電子の力が急速に高まっているようだが、それでもエアコンや冷蔵庫などの白物家電になると日本製がほとんどだった。

ただ洗濯機に関しては月収30万円を超える家庭でも保有していない場合が多く、驚いたことに今でも洗濯板を使って手洗いしている。ただし、洗うのはお手伝いさんである。

ディッシュウォッシャーやディスポーザーなどはそうした家庭では全く普及していなかった。料理に関しては外食が多いので仕方がないのだろうが、生活がさらに向上してくれば、こうした製品の市場も急速に広がると思われる。

今回ジャカルタを訪問していくつかの家庭も訪問した。それについては別の機会に紹介したいが、とにかく週末は家族でショッピングセンターへ行って過ごす。買い物はインドネシア人にとって最大の楽しみなのである。急成長し始めたは日本企業にとっても大きなチャンスであることは間違いない。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35417

(以上、JBPRESSより)

私の日本人の友人も、数年前にフィリピンを出てインドネシアに行き、大成功しています。
今では、インドネシアを基点に世界中を飛び回っています。

ー親日国 インドネシア独立記念パレードー



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

4 返信
  1. アジア素浪人
    アジア素浪人 says:

    先々月久し振りにJKTに行きました。その変貌発展は予測を超えたものでした。まず身近な事は食事の洗練。和食でもマニラのいい加減味と高さと段違い。食べられる少ないネシア飯のFish head curry、ナシゴーレン・ミーゴレン(炒米・焼そば)の美味。在比と在ネシア邦人の質の差が表れてます。
    狭窄世界・価値観比人に毒されている邦人には理解出来ないでしょう。

    賠償に始まりODAを有効に活用し中進国に中間入りの泰国とアジア重病人比国と大きな差、ネシアも中進国仲間入り手形を得てます。
    政治は怖いです。尻だけ追っかけ比移住した邦人を疑います。
    ネシア独立に命を賭し戦った先人が多くいるから親日国家になったたのです。尻追っかけ日本逃避邦人が多い比では自分の世代では尊敬される事はないと思うと残念です。

    記事のような車、デイーラーは見ませんでしたが確かに経済の発展は凄まじいです。シンガポールの高級コンド購入者大半はネシア華僑とホンキー(香港成金蔑称)と聞きます。
    食い詰め福建華僑の比国と大きな差がこんところにも表れてます。
    なれの果て倭人一員の自分の自虐コメです(苦笑)

    返信
  2. FDSA
    FDSA says:

    アジア素浪人さん。

    コメントをありがとうございました。
    マニラの日本食レストラン・・・「いい加減味と高さ」には思わず笑ってしまいました。
    「尻だけ追っ掛け比移住」此れも的を得ている部分が濃いですね。
    「食い詰め福建華僑の比国」も納得してしまいます。

    ブン・トモ インドネシア元情報相の言葉です。

    「我々アジア・アフリカの有色民族は、ヨーロッパ人に対して何度となく独立戦争を試みたが、全部失敗した。インドネシアの場合は、三百五十年間も失敗が続いた。それなのに、日本軍が米・英・蘭・仏を我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。我々は白人の弱体と醜態ぶりをみて、アジア人全部が自信をもち、独立は近いと知った。一度持った自信は決して崩壊しない。日本が敗北したとき、”これからの独立は自力で遂行しなければならない。独力でやれば五十年はかかる”と思っていたが、独立は意外にも早く勝ち取ることができた。」

    以下は、アリフィン・ベイ インドネシア政治学博士の言葉です。

    「日本に占領された国々にとって、第二次世界大戦とは、ある面では日本の軍事的南進という形をとり、他面では近代化した日本の精神的、技術的面との出会いであった。日本が戦争に負けて日本の軍隊が引き上げた後、アジアに残っていたのは外ならぬ日本の精神的、技術的遺産であった。この遺産が第二次大戦後に新しく起こった東南アジアの民族独立運動にとって、どれだけ多くの貢献をしたかを認めなければならない。日本が敗戦国になったとはいえ、その精神的遺産は、アジア諸国に高く評価されているのである。その一つに、東南アジアの教育に与えた影響があげられる。日本は、目標達成のためにどれほど必死にやらなければならないかということを我々に教えたのであった。この必死の訓練が、後のインドネシア独立戦争の時に役立ったのである。」

    返信
  3. アジア素浪人
    アジア素浪人 says:

    お早うございます。
    言われるようにネシアだけでなくアジア諸国の独立は太平洋戦争が民族主義を目覚めさせました。
    米英軍がいなかったネシアは正しく理解されています。大東亜共栄圏構想は批判がありますが現在のEU圏の先取りと考えてます。

    あの孫文、周恩来でさえ日本に留学、神田神保町周辺に寄宿しその名残で多くの中華料理店が未だにあります。
    台湾では日本が負けなかったらもっと早く発展したと言う人達が多くいます。
    歴史にはたらればは禁句ですがフィリピンも日本占領が続けば、米軍が撤退してれば他アジア諸国と変わらない発展をしたと思います。

    今ラングーン行きの搭乗待ちですがビルマ建国の父アウンサンも日本留学者です。
    この国のボタンの掛け間違いは娘のスーチーが支配者の英国人と結婚した事です。英国の植民地経営手法は少数民族を重用し支配統治、スーチーは少数民族保護を唱えた民主主義を標榜したので英米に受けただけです。
    独立した統治者に受け入れられないのは当然です。日本メデアを含めこのような観点から報道するマスコミは皆無で国際的に孤立し隙をついで中国の台頭に慌て経済制裁を解除したと理解します。

    ホネストな国民性が大好きな国です。久し振りな訪緬で少し興奮してます。
    プレ情報では縫製工場工員給与は50ドル、カンボジア、ベトナム並になる日も近いと確信します。
    スタッフの一人はYIT卒(ヤンゴン工科大)ですがUP卒より優秀でキングス英語、今回の調査で先乗りしたます。

    そろそろ搭乗ですので失礼します。

    返信
  4. FDSA
    FDSA says:

    アジア素浪人さん。

    コメントをありがとうございました。
    大東亜共栄圏構想は、素晴らしい構想であった訳です。
    フィリピンに関しても全くその通りですね。
    実際にディソン画伯も「国敗れても国は滅びず」でコメントしています。
    特に日本人の「自虐史観」に付いては厳しい言葉で釘をさしています。

    ラングーンにご出張ですか?
    「ビルマ建国の父・アウンサン」も日本で訓練を受けた方として有名で「旭日章」を受章しています。
    しかしその後イギリスに騙された挙句、悲運を辿ります。
    スーチー女史に至っては何とも・・・です。

    UP(フィリピン大学)はフィリピンでは優秀とされていますが国際レベルから見た場合には残念ながら低レベルに位置付けされます。

    良いですね「ミャンマー」、ご活躍をお祈り申し上げます。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です