日の丸ジェット「MRJ」米国の空へ 米航空会社が100機発注

三菱重工業の子会社、三菱航空機は2日、国産初となる小型旅客機「MRJ」を米国の地域航空会社から受注したと発表した。海外からの受注は初めてで、受注機数は100機。三菱航空機は、これまでに全日本空輸から25機受注しており、合計受注機数は125機となった。

 MRJを発注したのは、米ミズーリ州セントルイスに本社を置く「トランス・ステーツ・ホールディングス(TSH)」。

 同社は米国有数の地域航空会社を傘下に持ち、毎日350便を50都市間で運航している。TSHは低燃費や低騒音といったMRJの環境性能を評価したとしており、納入は平成26年以降に順次行う見通し。

 同日会見した三菱航空機の江川豪雄社長は「燃費性能や環境性能に高い評価をもらった。今後、世界販売にさらに力を入れて、次世代の小型旅客機のスタンダードにしたい」と述べた。

(産経ニュース より)

MRJ (Mitsubishi Regional Jet)

これで国内民間企業(全日空)から25機受注に併せて米国100機受注、日本政府10機導入(予定)で現段階では合計125機、採算ライン350機まで後225機となりましたね。

国内開発の旅客機としては「YS-11」に次ぐ約半世紀振りの機体です。
(ジェットでは初めてです。)

「YS-11」も過去、世界各国から多くの受注がありました。

日本の最新技術と共に国内のスーパーコンピューターを駆使して開発されたMRJの機体は、驚くべき低燃費性能と快適性で今後、受注量が増えていく事と期待しています。

頑張れ !!! 大日本の航空技術 !!!



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です