日本、今後は韓国人への配慮は不要 !!

韓国のイ・ミョンバク大統領が10日、韓国の大統領としては初めて島根県の竹島に上陸したことを受け、玄葉外務大臣は、直後に韓国のシン・ガクス駐日大使を外務省に呼び、厳重に抗議するとともに、10日夜、韓国駐在の武藤大使を一時帰国させました。

そのうえで、大使の帰国だけでは不十分だとして、11日午前、外務省の幹部や武藤大使らと、追加的な対抗措置を協議した結果、竹島の領有権の問題について、国際司法裁判所への提訴を検討していくことになりました。

協議のあと、玄葉外務大臣は記者団に対し、「これまでは政府内に、日韓関係全体に及ぼす影響に対して一定の配慮があったが、今回の大統領の竹島訪問で、そうした配慮は不要になった。日本の主張を国際社会に知ってもらう必要がある」と述べました。

ただ、国際司法裁判所は、紛争当事者の双方の合意がなければ動き出さない仕組みで、日本は過去に2度、1954年と1962年に竹島の領有権の問題を裁判所に付託しようと、韓国側に提案したものの、いずれも拒否され実現しませんでした。

こうした制約について、玄葉大臣は「かつての韓国では、提訴に応じる責務に応えることが難しかったかもしれないが、これからの韓国は、グローバルコリアを標ぼうしているわけだから、当然応じるべきだと思う」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120811/k10014214331000.html

(以上、NHKNEWSWEBより。)

泣く子も黙る日本国政府最強の武器・・・「遺憾の意!」発動かと諦めておりましたが・・・。

今回は一線を越えた宣戦布告同様の行為ですから国際司法裁判提訴よりも先ず通貨スワップ協定を中止すべきです!



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

2 返信
  1. パパアキー
    パパアキー says:

    お久しぶりです、おっしゃる通り日本が嫌いでしょうがないくせに、金に困ると借りにくる馬鹿な韓国、今後は何があろうとも金は貸さないと宣言すれば、自滅するのは韓国でしょう。

    返信
  2. FDSA
    FDSA says:

    パパアキーさん。

    お久しぶりです!コメントをありがとうございました。
    露・中・韓など周辺国は、段々と目に余る露骨な行動をとるようになってきています。
    此れほどまでにバカにされてしまっている日本政府はもっとしっかりした態度と行動で示すべきですね!

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です