日本政府~フィリピンへ巡視船供与 「戦略的ODAで“対中包囲網”!!」

政府は28日、フィリピン、マレーシア、ベトナムの3カ国を対象に、巡視船供与などを通じ海上保安機能の強化策を支援する方針を固めた。
南シナ海におけるテロ・海賊対策への協力が目的だが、3カ国はいずれも南沙(英語名・スプラトリー)諸島をめぐって中国と領有権を争っており、同海域で覇権主義的な行動を強める中国への包囲網を構築する狙いもある。

政府は、今回の支援策を「戦略的ODA(政府開発援助)」の一環と位置付けている。フィリピンには巡視船や通信システム、マレーシアには暗闇でも微光をとらえて視界を確保する「暗視装置(NVG)」を搭載する船艇を供与する。
ベトナムに関しては同政府の要望を踏まえ供与内容を決める。

フィリピンには5月中旬以降に国際協力機構(JICA)の調査チームを派遣する。
同国政府の正式要請を受けて最終調整し、供与の枠組みは調達費の返済が必要な円借款の方向で調整。
フィリピン政府が無償資金協力を希望すれば、40億~50億円の範囲内で行う。マレーシアに対しては円借款で供与する方針だ。

フィリピンをめぐっては、米国が昨年7月に巡視船1隻を供与したほか、海兵隊配備を検討。シンガポール、ベトナムとも軍事協力を強化し、南シナ海への海洋進出を強める中国を念頭に同海域での抑止力向上を図っている。

日米両政府は27日に発表した米軍再編見直しに関する共同文書で、アジア太平洋地域沿岸国に対するODAの「戦略的な活用」を明記。
今回の3カ国への支援は、米国と連携して地域全体の対中シフトを底上げする狙いがある。
玄葉光一郎外相は27日の記者会見で、「米国の軍事外交戦略の補完的な役割を果たすことができれば相当の相乗効果が期待できる」と強調した。

政府は平成18年、インドネシアに巡視船3隻をODAで無償供与したが、巡視船は防弾用装甲が軍用船舶とみなされ、あくまで例外扱いだった。
昨年12月の武器輸出三原則見直しで平和貢献・国際協力での防衛装備品供与が可能になった。

南沙諸島 南シナ海南部に浮かぶ約100の島や環礁。石油などの海底資源や漁業資源が豊富で、中国、マレーシア、フィリピン、ベトナム、ブルネイ、台湾が領有権を主張している。

中国による威嚇発砲やケーブル切断など強引な動きが続いている。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120429/plc12042901190000-n1.htm

(以上、産経ニュースより)

そろそろと、重い腰を上げつつある「日本政府」です。

「フィリピン政府が無償資金協力を希望すれば、40億~50億円の範囲内で行う。」・・・フィリピン政府は、無償資金協力が大好きだと言う事は日本政府も十二分に分かっていますので、プライドを考慮しての言葉でしょう。

少々心配なのは、フィリピン政府内には中国系の議員が多数入り込んでしまっている事に加えて、絶対的一貫性に欠けるところです。

平たく言えば・・・進捗状況に依っては簡単に寝返ってしまう・・・監視衛生の写真を見たら「日本に銃口が向いていた!」なんてならない事を望みます。

中国は先般のインドICBM発射が成功し、中国全土を射程内に捉えた途端に「インド様は仲間で~す!」とすり寄っていますが、フィリピンに対しては強硬な態度で罵っています。(単純明快な態度の中国です。)

今後の日本政府の動きに期待申し上げます!

ー沖縄本島と宮古島の間を通過した中国海軍の艦艇に情報収集艦ー



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

2 返信
  1. アジア素浪人
    アジア素浪人 says:

    巡視船規模の大型船らしいですね。異論ではないですがフィリピンへのODAは感謝もされず有効利用されずドブに捨てるようなものなので止める時期と考えます。
    タイは有償無償を有効利用し現在の発展に繋がってます。
    最初は電力整備全国通信網整備、近年は高速道路空港整備等の有償案件。無償で各種研究施設、プライマリーヘルスケアーセンター整備(保健所機能)等々見事に活用してます。技術協力で成人IDカード作成時全員指紋登録、これで犯罪検挙率が大幅に向上。ネシアも同様です。
    フィリピンはNAIAでさえあの始末、HCM・ビエンチャン空港施設・ターミナルは見事に使われてます。フィリピンの無償施設などはほとんど活用されてません。パラワンの鰐養殖施設は民間に売却されたとさえ聞きます。
    これからはベトナム、ミャンマーに供与したほうが双方の国益になります。

    いち納税者の意見です。
    JKT,HCMは有償で地下鉄建設が進められてます。

    返信
  2. FDSA
    FDSA says:

    アジア素浪人さん。

    コメントをありがとうございました。
    フィリピンへの援助は、有償/無償に拘わらず比国民は誰も感謝はしていませんね。
    日本はお金があるから当然と言った感覚と、また政府役人の貯金が増えたぐらいにしか感じていません。

    同じアジアでも他国の方はちゃんと感謝の意を表明してくれています。

    フィリピンのターミナル3は、私も2002年に半年ほど関与致しましたが、完成してから10年弱経ってからやっと機能し始めたと言う誠不可思議な状況です。
    これでは「T工務店」の現場の方々の汗も報われません。
    国の表玄関をこの様な状態で何年も放っておく神経に世界各国から大笑いされていました。

    学校などへパソコンを無償で提供してもタイミングを見て売り飛ばし、現金をポケットに入れてしまう様なお国柄です。
    この様な行いをされると本当に頭にきて夜も寝られなくなります。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です