日米 「中国と融和すべきでない」!!

「中国と融和すべきでない!!」 ケビン・メア元米国務省日本部長
 
【ワシントン=青木伸行】
中国が東シナ海上空に防空識別圏を設定した狙いや日米両国の対応のあり方について、ケビン・メア元米国務省日本部長に聞いた。
 
防空識別圏の設定は挑発的であり、傲慢だ。人民解放軍から出た考えだろう。
中国は東・南シナ海の覇権を狙っている。
日本を攻撃するつもりはないだろうが、日本を威嚇できれば東シナ海の覇権という目標を達成できると思っている。
 
だからこそ米国も日本も絶対に中国と融和すべきでない
 
日本ははっきりと、中国の脅威に対処する覚悟があると示す必要がある。
 
米政府では直ちにケリー国務長官やヘーゲル国防長官らが一斉に非難し、B52爆撃機も防空識別圏を飛行した。
尖閣諸島(沖縄県石垣市)の上空もだ。
中国は恐らく、そうした米政府の対応を予想しておらず、誤算だったに違いない。
これは臆測だが中国は、最近オバマ政権は弱くなったからあまり反発しないだろう、と思っていたかもしれない。
 
オバマ政権が素早く反応したことは良かった。
日米共同で中国に対処する覚悟があると、示したことになるからだ。
米政府は、尖閣諸島が日米安全保障条約第5条の適用対象であり、日本の施政下にある尖閣諸島の現状を、中国が一方的に変更しようとすれば反対するということを、はっきりさせている。
これは中国が誤解しないようにだ。
 
しかし、残念ながら中国は米国と日本、日米安保体制を試している。
どのくらいまで日米を押せるか、ということをだ。
だから防空識別圏も設定した。
 
日米が一緒に対処するのは当たり前のことで、米国も寄与し防衛する。
そうしなければ、米国は信頼を失い、日本との同盟ばかりでなく、米国のすべての同盟関係が駄目になる。
 
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131128/amr13112821200003-n1.htm
 
(以上、産経ニュースより。)
 
ケビン メア氏



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

4 返信
  1. パパアキー
    パパアキー says:

    世界最強のアメリカ軍は、相手が誰であれ絶対に引くことはない、世界一自己中の中国は絶対に謝らない、経済の破綻が先か、戦争で破綻するか、どちらにしても未来の無い中国、馬鹿は死んでも治らない。

    返信
  2. fdsa
    fdsa says:

    パパアキ―さん。
    コメントをありがとうございました。
    世界一の悪しき自己中はそのまま中国です!!
    未来がないのを察してジタバタしているとしか思えませんね。

    返信
  3. fdsa
    fdsa says:

    baboypapaさん。
    コメントをありがとうございました。
    異議なし!!の方々が圧倒的に多いです。
    先ほど、或る在比中国企業の経営者に会い、これ等の事に付いて意見を聞きましたが、やはりかなり深刻な表情で怒りを露わにしておりました!!
    相当な危機感を持っている事が判ります。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です