明治の日本人みたいに必死になってやるんだよ

 日本は明治維新から富国強兵で頑張って、アジアで欧米に対抗できる一番最初の工業国になったわけだけど、昔の日本人ってのはやっぱり真面目に努力してたんだね。

工業化を進めなければ欧米列強の植民地になってしまう瀬戸際だったから、国全体が危機感を持って一丸となって頑張った。国民も必死で、すごいまとまり方だったんだな。

でも、このまとまりとか気概というのは、一体どこに行っちゃったんだろうね?

ー日本人の学力低下は捨ててはおけない問題だー

 当たり前のことだけど、日本は資源のない国だから、製造業がダメになると凋落するのは目に見えている。違うかい?

 2009年に日本の大学や企業が使った科学技術研究費の総額は、前年比で8.3%減だったそうだ。バブル崩壊直後が1.4%減だったっていうから、当時より6倍の減少率だ。

 日本人は学力だって凋落傾向にあるっていうしね。最近、新聞で見たんだけど、経済協力開発機構が65カ国の15歳を対象に学習テストをしたら、日本は文章やグラフの内容を読み取る読解力で8位、数学的応用力と科学的応用力は、それぞれ9位と5位だったんだって。

 でも、中国・上海は初参加ですべての分野でトップになり、香港も韓国も日本を上回っていたそうだ。どういうテストをやった結果なのかは知らないけど、日本の学力がアジアの中で相対的に低下しているのは事実だろう。こういう状況は捨ててはおけないよな。

 おれは、このままいくと、科学技術研究費も学力も日本はもっと落っこちていくんじゃないかって思うんだよね。
国や地域だけの問題じゃなくて、日本人一人ひとりの問題だ。このままじゃ日本の製造業がなくなっちゃうよ。
 
 今、日本では町工場がどんどん廃業してる。今後、大手メーカーはどんどん生産を海外に移転するだろうし、町工場にしても「跡とりがいない」「メーカーが値切りすぎる」「銀行がカネを貸してくれない」など、いろいろ問題があるんだろうけどさ。

 町工場が1軒廃業すれば、そこが持っている技術が1つ失われる。いろんな業種が100軒廃業すれば、100の技術が日本からなくなってしまうわけだ。

続きは此方から:http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5069

注:続きを見るには「JBPRESS」の会員登録が必要です。

(以上、JBPRESSより)

ー世界がみた明治・大正・昭和ー



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です