母は日本人、米太平洋艦隊司令官に横須賀生まれのハリス大将就任!!

日系米国人のハリス大将                                                                        

米ハワイの真珠湾で17日までに米太平洋艦隊の司令官交代式が行われ、日本生まれのハリー・ハリス海軍大将が新司令官に就任した。                                                               

交代式でハリス大将は「アジア太平洋地域の同盟国、友好国と緊密に連携する」と表明。中国の西太平洋進出の動きを踏まえたリバランス(軍事力の再均衡)戦略を遂行する考えを示した。                                                                                                     

ハリス大将は神奈川県横須賀市で、米国人の父親と日本人の母親の間に生まれ、米南部テネシー州などで育った。                                                                         

1978年に米海軍士官学校を卒業し、2011年からは統合参謀本部議長の補佐官として、国務長官らへの助言などを行ってきた。                                                            

日本人の血統を持つ同艦隊司令官は初めて!!                                                                     

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131018/amr13101811030008-n1.htm                                                                                   

(以上、産経ニュースより。)



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です