爆発で両脚切断の比女子大生、日本財団の支援で義足装着 「犯人許す」

フィリピンのマニラ首都圏の大学周辺で昨年9月に発生した爆発事件があり、両脚を失った女子大生ライサ・ローレルさん(24)が日本の支援で義足を装着、誕生日祝いを兼ねた関係者によるお披露目が26日夜、マニラ首都圏のホテルで開かれた。

昨年9月、司法試験を受験する友人に付き添っていたローレルさんは、試験会場の大学近くで40人以上が負傷した爆弾事件に巻き込まれ、両脚を切断。
犯人は逮捕されていない。

ローレルさんは「事件は一生忘れない。でも犯人を許したい。これも神様からの試練」と事件後に語り、話題になった。

現在はリハビリをしながら法律家を目指し勉強中。
26日は「去年の9月で私の人生は変わった。落ち込む日もあったが、皆の支えで乗り越えることができた」とあいさつした。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110427/asi11042711210005-n1.htm

(以上、産経ニュースより)

お誕生日に義足が装着されたのは本当に良かったですね。

しかし、今も未だ犯人が逮捕されていないのに「犯人を許す」と言うのはどうですかね?

許さなければならない時があるとすれば、犯人が逮捕されて自らの罪を完全に償った時。

他の数十人に及ぶ被害者達の事を考えていない?

此の無差別爆弾テロの犯人は、ほくそ笑んでいるでしょう・・。

第二、第三の事件を誘発させない為にも絶対に許してはならない事だと思いますが?



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です