玄関から「頑張れ!日本一!」~自民新 中川郁子

いよいよ重大な日です!日本人が日本人であり続ける為の審判となるでしょう。

経済は完膚なきまでに叩き壊され、外交安全保障は壊滅的となり教育水準は衰退し歪められ続けた。

国の源は国民だ!

その国民を蔑ろにしシナ鮮人に尻尾を振り続けた3年間!

我々日本人が立ち直れる そして 立ち上がる一日となるのです。

さあ もう迷いは捨てましょう!愛国組織そして愛国者のみなさん!

熾烈な弔い合戦 元財務相未亡人vs元大物秘書 北海道11区

因縁深い、熾烈な戦いが繰り広げられている。

2009年衆院選で、当時民主党だった石川知裕氏が、自民党の中川昭一元財務相を破って、「北海の熊」こと中川一郎元農相時代から半世紀も続いた「中川王国」に風穴を開けた。

自民党閣僚経験者は「中川氏の敗因は、自民党への逆風と民主党への追い風に加え、ローマでの『もうろう会見』で引責辞任した後遺症が深すぎた。
それまでの選挙では考えられない3万票もの大差。
中川氏は民主党政権誕生直後、失意のうちに56歳の若さで他界した。
次代の自民党を背負って立つ人物と期待された男が…」と、その死を悔やむ。

この中川氏の弔い合戦のごとく、立候補したのが未亡人の中川郁子(ゆうこ)氏だ。

郁子氏の父親は大手建設会社のエリート。中学から大学まで「聖心」というお嬢様育ちで、一見ひ弱そうだが、周囲に言わせると違う。

「のびのび育ち、肝っ玉の据わったスポーツウーマン。初めての人にも決して物おじしない。
ご主人より政治家向きかも」と自民党関係者。

中川氏のもうろう会見直後、自宅前まで報道陣に追いかけられて困惑する中川氏に、
玄関から「頑張れ! 日本一!」と励まして、一躍注目された。

だが、選挙戦は厳しい。

「世襲批判と、よそ者批判がある。だから、あの細い体のどこにそれだけのエネルギーがあるのかと思うほど、選挙区をドブ板で駆け回り、雪の上で土下座するような必死の選挙戦をしている。
救いは、要職を歴任した夫に代わって、郁子氏が以前から地元を回り、選挙区の企業にも、有権者にもなじみがある点」と地元十勝の有権者。

                         安部自民党総裁



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

4 返信
  1. ケンカン
    ケンカン says:

    最近チョンやシナ,マスゴミは勿論,英米のマスコミですら,”日本は右傾化してきた”と。しかし日本に右翼は無いと思います。何故なら左翼がないから。
    私は何十年も疑問でした。何故,世界の左翼は愛国なのに,日本の左翼だけが反日なのかと。三橋貴明氏がブログで「(左翼の定義に拠って)日本に左翼は無い。あるのは反日だけ。」これで疑問が解けました。
    日本に在るのは[右翼-左翼]ではなく[愛国-無日-反日]です。
    そして無知無関心の無日は,繰り返しの反日の嘘に洗脳されてしまいます。
    –息をする様に嘘を吐くチョンと100回言えば嘘も本当になると考えるシナ。

    返信
  2. ケンカン
    ケンカン says:

    という事は;
    国内で”右傾化を危惧する”と言う輩=
    [反日性を隠す為に,自らをリベラルとか左翼と称している反日]か
    [反日に洗脳されている無日]だと思います。

    返信
  3. FDSA
    FDSA says:

    ケンカンさん。

    コメントをありがとうございました。
    なるほどです「左翼」が居なければ皆が「右翼」だと騒ぎますね。
    「世界の左翼は愛国なのに、日本の左翼だけが反日なのかと。日本に左翼は無い。あるのは反日だけ。」此の部分が物語っております。

    「繰り返しの反日の嘘に洗脳されてしまいます。」今まで此れに洗脳されてしまった方々も多いのでは?と感じますが、今はネットの普及に依って直ぐに真実が判りますので連中もやり難いと思います。
    それでも未だ「愛国-無日-反日」は歯痒く残念なところですね。

    返信
  4. FDSA
    FDSA says:

    ケンカンさん。

    コメントをありがとうございました。
    全く仰る通りです。
    国家として本来有るべき姿に戻り始めただけなのですが、既述の状況下で只単に「右傾化」と大きな勘違いをしています。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です