男女のケンカで「男がやってはいけない9カ条」

ご夫婦のみなさん、カップルのみなさん、ケンカしてますか? 「夫婦喧嘩は犬も食わない」という言葉もありますし、できることならケンカせずに済む方法を見出したいところですが、この世から争い、戦争がなくならないのは、世界の歴史が証明しています。

では、もしケンカをしてしまった場合、お互いの被害を最小限に食い止める方法は何なのでしょうか? 実はコレ、少し不公平ですが結論は出ています。
「女性の怒りが静まるまで待つ」しかないのです。
女性は火山。
噴火が収まるのを待つしか無いのです。

ということで今回は、なるべく早く噴火が収まるために「男の人がやってはいけないコト」を9つのポイントにまとめてみました。
 
その1. 反論しない

口喧嘩で女性に勝とうとしてはいけません。
火山の噴火口に消化器で立ち向かうとでも言いましょうか、まさに「火に油を注ぐ」ことになります。
ひたすらガードを固め、女性が放つ言葉のパンチ連打に耐えなくてはならないのです。

もしも反論したらどうなるか? もっとデカい一発が返ってきます。
その一発に反論したらどうなるか? さらにデカい一発が返ってきます。
大技の応酬、エスカレート。
最後に「取り返しの付かないこと」が待ってるのは、衰退しつつある日本のプロレス界が証明しております。
 
その2. 揚げ足を取らない

ヒートアップした女性は、まさにブレーキの壊れたダンプカー。
時にコースを脱線したり、まったく筋の通らない話をしたりすることも。
でも、揚げ足を取ってはいけません。
コースを修正しようとしてはいけません。
必ず事故ります。
脱線したまま、スピードが緩むのを待つしか無いのです。

もしも揚げ足を取ったらどうなるか? おそらく「ほらそうやって、いつもアナタは揚げ足を取る……!!」と、逆揚げ足を取られます。
「いつも」じゃないのに「いつも」となり、気づけば「揚げ足を取るセコい男」ということに。
この技を「揚げ足返しのいつも固め」と呼ぶ人もいます。
 
その3. 「ゴメン」と言ってはいけない

よく「謝って済むなら警察はいらない」と言いますが、謝って済むなら夫婦げんかは起きないのです。
ケンカが始まった時点で抗争勃発。
戦いのゴングは鳴っているのです。

試合中、「正直、スマンかった」と言っても長州力は許しません。
腕をブンブンと振り回しながら、助走をつけて「ゴメンじゃねえだろコラっ!」と言い放ちながらのリキ・ラリアットを放ちます。
それと男女間は同じなのです。
謝っても無駄なのです。
むしろ、「ゴメンからのゴメンじゃねえだろ返し」を食らうことになり、余計なダメージを受けることになります。
無用なゴメンは禁物です。
 
その4. 適当に流してはならない(話をよく聞いておく)

女の怒りはスコールだ。
やり過ごそう……と、テキトーに話を聞いていると、思わぬ結果を招くことも。
「で、アナタはどう思うの?」という展開です。
ボケ〜っと授業を聞いていたら、先生に「じゃあこの問題を……野比!」と名指しされたのび太くんのような展開です。
「えっと、えっとぉ……」となり、クラスメイトはクスクス笑い、実に甘酸っぱい青春の1ページといった光景ですが、男女間においてはクスクスどころか大噴火です。

「聞いてなかったの? ハァ?」からの「だいたいアナタはいつも」という連続技もキマりまくりで、さらに過去のことまでほじくられたりもし、完膚無きまでに叩きのめされます。
女性の発言の1ワード1ワードが試験に出ると思って、メモるくらいのイキオイで聞いてあげてください。
 
その5. 時計を見ない

時は金なり。
一刻も早く、この不毛な時間を終わらせたい。
でも時計を見てはいけません。
女性にとって、まだ戦いは終わっていないのです。
時計を凝視してもダメだし、チラ見するのも見逃してはくれません。
発見され次第、「早く終わらないかな……ってか?」からの「だいたいアナタはいつも」コンボが確定します。

サッカーでも、1-0で勝ってるチームは、一刻も早く終了のホイッスルが鳴るのを待ちます。
でも相手にとっては「まだ終わってない!」のです。
早く終われオーラを出してはいけません。
いわば、勤務時間の終わり間際に会社員が見せる「早く帰りたいオーラ」を出してはいけないということです。
 
その6. 黙秘しない

よく海外ドラマで犯人が捕まると「お前には黙秘権がある!」と言われたりしますが、男女のケンカ時において黙秘権は保証されておりません。
反論してもダメ。
揚げ足をとってもダメ。
ゴメンと謝ってもダメ。
打つ手はないから黙秘するしかないのですが、「なに黙ってんだよ! 何か言え!」という一発が待っています。

もしもそこで見当違いな発言をしてしまったとしたら? 「聞いてなかったの? ハァ?」からの「だいたいアナタはいつも」コンボにつながります。
つまり、謝っても黙ってても、最終的には「だいたいアナタはいつも」の連続技が成立するのです。
ガードしても無駄なのです。
この戦いを収めるには、男性が「負ける」しか道はないのです。
 
その7. 反省・更生の弁を述べない

わかった、反省してる、こんどからそうする。
この3ワードも、噴火中には通用しません。
「わかってない!(〜から言ってんの!)」「反省してない!(〜から言ってんの!)」「こんどからそうするって、この前も言ってた!」と、こだまのようにハネ返される可能性が高いです。
ブーメランを投げたら、トゲが付いて返ってくるようなものです。
 
その8・ 泣かない

男が泣いてはいけません。涙を見せてはいけません。
 
その9. 暴力を振るわない

言語道断です。
 
では、どうするのが最もダメージを受けずにやりすごせるのか? それは、斜め下45度の角度を真剣な表情で見つめ、「ウン……」「ウン……」「そうだよね……」と、ひたすら同調。
まったくその通りでございます、と同調。
例え心の中で怒りのマグマが煮えたぎっていても、その場は納得してあげるのです。
そしてすべてを出し切らせる。
怒りの膿を、その時すべて出し切らせるのです。

相手が落ち着いたら、静かに床につきましょう。
そして夜が明けたら、例え心の中で納得いってなくても「昨日はスマンかった」と、改めて謝るのです。
戦場において大切なことは「感情のコントロール」とも言われています。
相手の女性が「こっちこそ言い過ぎた。ゴメン!」と謝ってきたら一件落着。
世界平和への道が開かれます。
(文=長州ちなみ)

http://rocketnews24.com/?p=101597

(以上、ROCKET NEWS24より)

女性の怒りが頂点に達した時はどうにもなりませんね。
此れは皆さん経験済みだと思います・・万国共通です。

ゴリラの夫婦喧嘩。まだ小さい赤ちゃんゴリラに触りたいお父さんゴリラが、無理に触ろうとしたため、お母さんゴリラの怒りをかってしまいました。お父さん、ちょっと気の毒­です。上野動物園。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です