短距離離着陸機(STOL機)

短距離離着陸機(STOL機; Short TakeOff and Landing, エストールき)は、通常の航空機に比べ短い距離で離着陸できるもののこと。
高揚力フラップやスラストリバーサなどを使うことによって短い距離での離着陸を可能にしている。
CTOL機とSTOL機との間の区分は曖昧であり、同クラスの航空機より明らかに短い距離で離着陸が可能、もしくは短い距離での離着陸を意識した設計の固定翼機をSTOL機と呼ぶ場合が多い。

(以上、ウィキぺディアより)

当「FDSA航空学校」でも、このての飛行機は23年ほど前に「テクニカル・コース」の学生さん達とフィリピン国内で試作し、当時のフィリピン空軍へ売却したものもありました。

元々、当校は航空技術(航空エンジニアリング)が母体ですので、機体設計も得意分野なんです。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です