簡単に作れます!手作りセンサーで、放射線をキャッチ!

放射線を数えるセンサー、ガイガーカウンター。

ー家庭にある身近な物でつくってみませんか?ー

ガイガーカウンターは、1928年にドイツの科学者ガイガーが発明した放射線の数を数える装置です。
身近な物を使って、このガイガーカウンターと同じ働きをするセンサーをつくり、目に見えない放射線をキャッチしてみましょう。

グローランプを分解して露出させた金属部分を、フィルムケースで作ったセンサーに近づけると、グローランプから出ている放射線を感知して、ラジオからバチバチと音がします。

このセンサーは右上の写真のように、フィルムケースの真ん中に立てた銅線と内側に巻いた紙が、それぞれ静電気をためた電気コップにつながっており、高い電圧がかかっています。

フィルムケースの中にはライターのガスを封入しておきます。
このセンサーに放射線が通ると、放射線がガスの分子にぶつかって放電を引き起こし、電磁波を生じます。
この電磁波がラジオに受信されてバチバチという音になるのです。

放射線は、不安定な原子核が安定した形になろうとするときに放出する粒子などのことです。
宇宙から地上に降ってくる宇宙線のように、放射線は自然界にも私たちの身の回りにもさまざまな形で存在しています。

1898年にキュリー夫妻がラジウムから放射線がでていることを発見し、放射能と名付けてから100年を記念して1998年には多くのイベントが行われました。

あなたも、この手作りガイガーカウンターで、身近な放射線を探してみませんか。

*準備する物

ー電気コップの材料ー

•アルミホイル
•ペン
•はさみ
•プラスチックコップ
(スチロール樹脂製のハードタイプ、3個)

ー本体の材料ー

•フィルムケース(2個)
•リード線
(30センチぐらいのものを2本)
•セロハンテープ
•カッター
•画びょう
•瞬間接着剤
•消毒用アルコール
•綿棒
•紙
•ライター
•ラップ
•輪ゴム
•AMラジオ
•塩ビ棒
•キッチンペーパー
•グローランプ
(蛍光灯の点灯を助ける小さな点灯管。この実験では、ケースを外し、中のガラス管を割るなどして取り除いて、金属部分を露出させて使います。)

作り方は此方:http://www.ngk.co.jp/site/no18/exam.htm

(以上、NGKサイエンスサイトより)

ー家庭にあるもので誰でも簡単に放射線検知器を自作する方法part1ー

ー家庭にあるもので誰でも簡単に放射線検知器を自作する方法part2ー

ー家庭にあるもので誰でも簡単に放射線検知器を自作する方法part3ー

ー家庭にあるもので誰でも簡単に放射線検知器を自作する方法part4ー

今回の「東北大震災」での福島原発事故により、日本国内外で放射能・放射線被曝に関して強い関心が寄せられています。

一刻も早く放射能・放射線汚染の心配がなくなるようにと願わずにはいられません・・。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です