自衛隊「東北魂」で最大の救援活動! 比セブ島に本隊、高度医療可能に!!

支援活動
 
【ダンバンタヤン(フィリピン中部)=吉村英輝】
台風被災地救援のため艦船3隻でレイテ島沖に到着した自衛隊の国際緊急援助隊本隊は24日、護衛艦「いせ」から大型輸送ヘリコプターで、医療チーム8人と機材をセブ島北端のダンバンタヤンに送り込み、被災地での活動を始めた。
 
本隊の到着で、酸素吸入器や点滴を使った高度な治療が可能になり、自衛隊の海外派遣としては過去最大規模の救援活動が本格的に動き出した。
 
医療チームが乗った輸送ヘリのCH47は、牧草地につくった臨時のヘリポートに午前11時ごろに着陸し、住民約500人が手を振って出迎えた。
隊員は、すでに現地入りしていた約10人と合流し、車で5分ほどの学校施設に移動。
建物内にシーツで区切った診察室3部屋を設営した。
 
開始直後から“臨時診療所”には、数十人の行列ができた。
台風で頭にケガを負ったという4歳の男の子の母親(31)は「教会の診療所にかかったが良くならない。
水準が高い日本の医療なら治してもらえるはず」と期待を込めた。
 
約270人の医療・航空支援隊を率いる浅見勇学(たけひさ)隊長は「(医療活動を行う)陸自隊員は東北出身者がほとんど。
東日本大震災の経験から、被災者の立場にたった支援をしていきたい」と抱負を述べた。
 
自衛隊は救援活動を「サンカイ(現地語で友達の意)作戦」と命名。
すでに先遣隊がセブ島北部の集落で医療活動を始めている。
 
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131124/asi13112423510004-n1.htm
(以上、産経ニュースより。)
 
支援活動2
 
支援活動3



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

2 返信
  1. パパアキー
    パパアキー says:

    お金の支援は、かなりの部分が権力者の懐に消えてしまうことでしょう、しかし人的支援ならば100%貢献できる、日の丸を付けた日本人が大活躍をする、これは日本人の誇りです。

    返信
  2. fdsa
    fdsa says:

    パパアキ―さん。
    コメントをありがとうございました。
    金銭に依る支援は、仰られる通りの危惧が付きものです。
    災害支援を装った詐欺集団が非常多いと云う情報です。
    少しでも怪しい支援団体には気を付けなければなりませんね。
    しかし、日の丸の人的支援は本物です!頑張って頂きたいと思います!

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です