訪米の李大統領晩餐会に日本料理 韓国で“失礼”と批判の声!

【ソウル=黒田勝弘】先ごろ米ホワイトハウスで行われた韓国の李明博大統領に対する国賓晩餐(ばんさん)会の際、メニューに日本料理が出されたと韓国で“不満”の声が出ている。
とくに韓国のメディアは「ホワイトハウスの深刻なミス」と批判している。

韓国では近年、日本料理に対抗して「韓国料理の世界化」が叫ばれ、官民挙げてキャンペーンが展開されているが、韓国大統領歓迎の晩餐に日本料理が登場したことに自尊心を傷つけられたようだ。

李大統領を迎えてのオバマ大統領主催の晩餐会は13日夕、ホワイトハウスで開催された。
韓国誌「週刊朝鮮」(朝鮮日報社発行)の最新号がワシントン発でそのメニューを詳しく伝えている。

それによると、スープの次に出された前菜風の料理が、赤い魚卵をのせたすしで「MASAGO(マサゴ)」と名付けられていた。
これに添えられたサラダも「ダイコン」と表記されていた。

メーン料理のステーキも「ワギュウ(和牛)」で、添えられた野菜も「カボチャ」となっていたという。

同誌は、すしは“カリフォルニア巻き”に近く、高級牛肉の「ワギュウ」や「ダイコン」は米国でも日本語そのままに使われていると紹介する一方で、韓国側はいい気持ちがしなかったはずだという。

そして「これはホワイトハウスの深刻なミスで失礼にあたる。とくに韓国料理の世界化に努力中の韓国大統領の金潤玉夫人は不満だったはず」と伝えている。

こうした不満や批判は韓国当局者が直接語ったものではないが、同誌は「現実的に米国では日本料理は最高級料理になっている」としながらも、「韓国人出席者は受け入れがたい気持ちではなかったか」と指摘している。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/111025/kor11102501340000-n1.htm

(以上、産経ニュースより)

この間は、「日本料理の起源は韓国です!」と言っていましたが・・・?



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

4 返信
  1. パパアキー
    パパアキー says:

    日本料理に日本酒、今や世界のおもてなし料理です、ホワイトハウスの晩餐会で、キムチや焼肉何か出せる訳がない、宴会と晩餐会の違いを脇が得ないといけない、バカ韓国人。

    返信
  2. Iloilo
    Iloilo says:

    Yahooコメに下記を書いておきました。

    だったら、キムチ鍋にキムチ丼にしたら・・・・
    もっともアメリカ人は全く食べられないと思うけど・・・・

    K国人って、ホンマにアホだね。

    返信
  3. FDSA
    FDSA says:

    パパアキ―さん。

    コメントをありがとうございます。
    今や、日本料理は繊細な「おもてなし料理」として確立されていると思います。
    宴会と晩餐会の違い・・確かにそうですね!

    返信
  4. FDSA
    FDSA says:

    Iloiloさん。

    コメントをありがとうございます。
    「キムチ鍋とキムチ丼」にしたら・・何とも味気なく晩餐会の雰囲気とは程遠くなってしまいますね。
    Yahooコメにも書かれたのですね!
    私も今度書き込んでみます。

    返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です