話題の「感謝台湾」CMに寄せられた台湾人のコメントが涙が出るほど温かい

昨日、東日本大震災より丸一年が経った。地震発生後、多くの国が日本への支援に動いたなか、やはり印象深いのは台湾ではないだろうか。

ある機構が作成した台湾への感謝の意を伝えたCMが日台で話題となっている。Youtubeにもアップされておりご覧になった方もいらっしゃるかもしれない。そのCM自体も非常に感動的だ。だが、それ以上に多くの台湾ネットユーザーから大変心温まる日本へのメッセージが寄せられている。こちらをご紹介をしたい。

このCMを発表したのは財団法人交流協会だ。1972年、中華人民共和国との国交正常化以来、正式な国交を失った日本と台湾(中華民国)間で大使館のような役割を担う準公的機構である。CMは3月9日にYoutubeにアップされ、11日からは現地の主要テレビ局で放送されている。日本側から感謝の気持ちを示したにも関わらず、台湾からはそれ以上に温かいコメントが返ってきている。
 
・Youtubeコメント欄に寄せられた台湾ネットユーザーのコメント(抄訳)
「わざわざ(お礼を言ってくれて)ありがとう。日本が明日も元気でいますように」
「感謝の気持ちを伝えられる民族は素晴らしいと思う」
「台湾で地震が起きたとき日本は助けてくれた。お互い助け合うのは当然」
「日本人は強いと思う。感動して泣きそうになった」
「日本ならきっと大丈夫だと信じています」
「日本の皆さんの笑顔を見れて安心しました。まだ未来は辛いことがたくさんあるかもしれません。でも私たちがいることを忘れないで!」
「日本の国民の心からの感謝に涙が止まらなかった。日本政府は一体何をやっているんだ。もっと国民に目を向けるべきだ」
 
また、日本は過去に台湾を統治していた時代がある。台湾人全員が親日ではないが、それに言及した上で、
 
「今は歴史のことはおいておきましょう。災害があったあの瞬間は私たちは同じ人類でした」
「過去のことは本当に不愉快だけど、震災後日本の皆さんの生きる力には感動しました。尊敬します」

というコメントも見られる。心に響く言葉ではないだろうか。
 
この動画のコメント欄には日本人からのコメントも多く見られる。日本語でしか書けず伝わっているだろうか、と心配する声も見られるが、そこまで心配する必要はないだろう。

日本も台湾も同じ漢字文化圏だ。また「感謝(カンシャ)」という単語は台湾の方言・ミンナン語では「感謝(ガムシャ)」と発音も近い。日本のネットユーザーからの感謝のコメントは彼らにもちゃんと伝わっているに違いない。

http://rocketnews24.com/2012/03/12/191921/

(以上、RocketNews24より)

ー日本311東日本大震災滿1年 感謝篇 (完整版)ー

謝謝!! 台湾!!



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です