謹賀新年~初詣は「靖国神社」へ!!

謹賀新年

初詣は「靖国神社」へ

靖国神社には毎年20万人を超える方々が初詣に訪れます。
新しい年が平和で豊かな年であるように、清々しい第一歩を靖国神社へのお参りから踏み出されてはいかがでしょうか。

【昇殿参拝のご案内】

初詣の折には是非、御本殿での昇殿参拝・諸祈願参拝をどうぞ
尚、昇殿参拝された方には“福引券”を差し上げます。(福引については下記参照)

◇初詣昇殿参拝・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お一人2000円より

◇諸祈願参拝
 (国家安泰・家内安全・厄除・合格祈願など)・・・お一人・一願意5000円より

◇団体参拝祈願(社業繁栄など)・・・・・・・・・・・・・一社20000円より

【みどころ】

◇大絵馬

毎年奉納されている縦2.19メートル、横2.76メートルの壮大な大絵馬が、拝殿脇に掲げられます。

◇大凧、大羽子板

昔から正月の代表的な遊びである凧上げ、羽根突き。 縦1.6メートル、横3.1メートルの大凧と高さが2メートルもある大羽子板が、神社正面の神門を鮮やかに飾ります。

◇新春弓始め 三々九手挟式(さんさんくてばさみしき)

1月3日午前10時  能楽堂前にて狩装束に烏帽子姿で板の的に矢を射る行事「三々九手挟式」が、弓馬術礼法小笠原教場の方々により奉納されます。本来、正月の四日の弓始めに限って行われた武家に伝えられる厳格な弓の儀式で、天下泰平の基を祝う射礼といわれます。

◇奉納芸能

舞囃子、獅子舞など新春の諸芸能が能楽堂や参道などで繰り広げられます。
能楽堂での奉納演目はこちらをご覧下さい

◇全国神社奉納絵馬展、奉献酒銘柄展

元日から31日まで参集殿前にて、全国各地の神社約300社から集められた縁起物の絵馬、また約340社の酒造業者より奉納されたお酒の銘柄(ラベル)が参道を飾り、初詣に一層の彩りを添えます。

◇奉納新春刀剣展

元日から14日まで遊就館1階企画展示室にて開催。
刀匠達が打ち上げた新作の刀剣を展示します。また、1月2・3・5・6各日には実技公開が行われ、刀匠・研師・鞘師・彫刻師等による匠の技が披露されます。

更に1月3日には甲冑師による、希望者への甲冑着付実演も行われます。

◇恒例ふるまい酒、甘酒

元日から4日頃まで、参道脇特設神酒所では新年の御神酒が、また遊就館前では甘酒が初詣参拝者に振る舞われます。(それぞれなくなり次第終了)

◇新春福引き

元日から3日まで 御本殿に昇殿参拝された方に福引券をお配り致します。協賛企業から奉納された景品が盛りだくさん。新年の運試しをされてみてはいかがでしょうか。

<お問い合わせ>
  
靖国神社社務所
電話 03-3261-8326

国旗の重み 靖国編~ブラジルからの手紙~

ブラジルには「ジャポネーズ・ガランチード」と云う言葉がありま­す。

ブラジルに渡った日系移民の人々は、当初、裏切りや差別、厳­しい自然環境に苛まれながらも、日本人の名を汚すことなく、勤勉­、誠実、正直を愚直に実践して成功し、自身と現地の発展に寄与し­てきました。

日本人は口約束でも必ず守る、騙されても騙さない、­恩には必ず報いる・・・「ジャポネーズ・ガランチード」とは現地­語で「保障付きの日本人」と云う意味です。

ブラジルには日本人の­美徳を忘れない日本人の子孫がいます。

一方、本国である日本には­靖国を無くせという人がいます。

子孫のため家族のため、そして国­のため命を擲った英霊が祭られる靖国を無くそうとは、彼らは本当­に日本人なのでしょうか?恩知らずにも程があります。

国民全員が­靖国の英霊に心からの畏敬の念をもって接したとき、日本人は真の­意味で世界からの信用を勝ち得る事が出来るのだと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です