金持ちへの優遇を決してやめない、貪欲な米国!

100万ドル以上収入のある者は少なくとも30%の税金を払うべきだ」という富裕層への課税強化を目指した「バフェット・ルール」法案が、4月16日、共和党の反対のため米国上院で否決された。

バラク・オバマ大統領は「上院共和党は中間層を犠牲にして富裕層の優遇税制を守った」と述べているが、2010年には金持ち優遇の「ブッシュ減税」の延長を渋々認めており、「change」も腰砕け状態にあるようだ。

ー格差はつくられたー

1980年代の共和党ロナルド・レーガン政権に始まる「第2の金ぴか時代」。

こうした金持ち優位の制度によって米国の格差社会が「つくられた」というのが、2008年ノーベル経済学賞を受賞したプリンストン大学のポール・クルーグマン教授。

その前年脱稿した「格差はつくられた」での主張である。

「金ぴか時代、金メッキ時代(gilded era)」とは、「トム・ソーヤーの冒険」でお馴染みのマーク・トウェインの小説に由来する表現で、一般に、南北戦争後から1890年代あたりまでを指している。

長きにわたる共和党政権下、保護貿易政策が浸透し産業革命の成熟とあいまって、瞬く間に世界一の工業国にまで上り詰める急成長を遂げていく時期のことである。

鉄鋼王アンドリュー・カーネギー、鉄道王コーネリアス・ヴァンダービルト、鉱山王マイアー・グッゲンハイムといった名だたる大資本家、大富豪が生み出されていった資本主義の急伸期で、1870年代のニューヨーク「上流社会」を舞台にした『エイジ・オブ・イノセンス』(1993)でうかがえるそのきらびやかな生活ぶりはまさに「金ぴか」である。

その一方で、鉄道を通して漸くつながるようになった西部には、まだフロンティアが残っており、開拓民は苦戦奮闘中。無法者が闊歩する数多くの西部劇の舞台となったのもこの頃のことである。

工場、鉄道、鉱山といったところで働く労働者に対する処遇も極めて劣悪で、その後大資本家たちは、大学や美術館などを創設、慈善家として名を馳せるようになるが、その精神とは程遠い酷い仕打ちをしていた。

当然のごとく発生した労働運動も成果を上げることがなく、『男の闘い』(1970)で描かれたペンシルベニアの炭坑に於ける秘密結社モリー・マグワイアズによるものは「労働スパイ」によって潰され、1877年の鉄道ストでは、時のラザフォード・B・ヘイズ政権が派遣した連邦軍が労働者に発砲、70人以上の犠牲者を出してしまっている。

こうして格差は是正されることなく広がり続けていったのである。

「金ぴか時代」の大統領、特にヘイズからグローバー・クリーブランドあたりまでは、しばしば「忘れられた大統領」と呼ばれるほど地味な存在である。しかし、金、権力、そして人種問題まで、ドロドロしたスキャンダルといった点では決して忘れられているわけではない。

ー北部からやって来たカーペットバッガー・-

南北戦争後、荒廃した南部には、軍政が敷かれていた。そして、共和党急進派が主導し北部から送りこまれた政治家たちが中心となって、南部の「レコンストラクション(再建)」は進められていった。

そこには政治家ばかりか、経済的利益を求め北部からやって来る者も少なくなかった。

彼らは使い古しのカーペットで作られた「カーペットバッグ」に一切の持ち物を入れやって来ることから、「カーペットバッガー」と呼ばれていた。

そんなカーペットバッガーたちに根こそぎ財産を搾取されてしまうのでは、と南部人は気が気でなかったことが『風と共に去りぬ』(1939)から伝わってくる。

そんな状況下、1876年に行われた共和党のヘイズと民主党のサミュエル・J・ティルデン・ニューヨーク州知事による大統領選は、空前の大接戦、2000年のジョージ・W・ブッシュ、アル・ゴアの戦いをも凌ぐものだった。

接戦が続く中、オレゴン、そして、フロリダ、ルイジアナ、サウスカロライナという南部3州での開票結果に疑いが出たため、連邦議会は調査委員会を設置することにする。

4州のうち1州でもティルデンが取れば当選という状況下、共和党員が過半数を占める委員会から出された結論は「ヘイズ大統領」というもの。その「公式」投票結果は、選挙人数では1人差で勝利するも、一般投票では25万票も少ないというものだった。
そこには裏取引が存在していた。ヘイズを大統領とする代わりに、南部から軍を引き上げ、レコンストラクションを終わりにするというものである。

そして、南北戦争後、ようやく始まったばかりの黒人の公民権獲得が事実上奪われるような規制を南部が行うことを黙認することも確認されたのである。

実質的にアパルトヘイト政策を敷く南部で、公民権を得られるようになったのは、合衆国政府が動いた1964年、皮肉にも、南部出身で民主党のリンドン・ジョンソン大統領によるものだった。

ー汚職が発覚しても大統領になれた時代ー

『男の闘い』で描かれたモリー・マグワイアズは実在した秘密結社 こうして黒人の人権を踏みにじってまで大統領となったヘイズが、あっさり1期で辞めてしまうと、後継者となったのはジェームズ・ガーフィールド。

ユリシーズ・グラント大統領時代に鉄道利権を巡る疑獄事件ですでに連邦議員として汚職を経験済みのガーフィールドでも、無事、第20代大統領に当選してしまう、そういう時代だった。

そのガーフィールドが大統領に就任するまでの間にしなければならない仕事は、当選に貢献した人々に「論功行賞」として公職を分配するという、それまで慣習となっていた猟官制に則った作業だった。

しかし、その報償にあずかれなかったチャールズ・ギトーなる人物から恨みを買い、就任4カ月後、暗殺されてしまうことになる。

その後を受けて急遽副大統領から昇格したチェスター・A・アーサーも、汚職まみれの人物だった。

しかし、どうしたことか、突如、猟官制排除へと動き出すと、1883年には公務員改革法を通し、裕福な者たちの個人的財産として売買されていた公職を、能力主義に基づく官僚制度へと変えたのである。

しかし、そうなると、公職に就いた者からの献金が政治資金の主たるものだっただけに、資金調達先を考えなければならなくなる。こうして、政党の資金源は実業界へと比重を移していき、政財界は親密度を増していったのである。

「いつの時代にもカーペットバッガーはいる。彼らは自分の触れたすべてのものに、自分のブランドを押そうとするものだ」といったナレーションではじまる映画『大いなる野望』(1963)の原題は「the carpetbaggers」。

そして、そこに登場する「現代の」カーペットバッガーのモデルとなったのは、まさに幅広い業種を次々と我がものにしていき「地球の富の半分を持つ男」と呼ばれた伝説の富豪ハワード・ヒューズである。

そして現在、貪欲なカーペットバッガーは世界中に跋扈している。今や、バッグも持たず、現地に行く必要もない。

ー現代のカーペットバッガーが住む町、ウォール街ー

ネットにつながるパソコンかスマホを持ってさえいれば、どこにいてもいいのかもしれない。しかし、可能な限り有利な条件を整えようとするのなら、思い浮かぶ場所はやはりウォール街だろう。

そんなウォール街の資本家としての面を持つミット・ロムニー共和党大統領候補の2011年の収入は2090万ドルという想像を絶する巨額。しかしその実効税率は15.4%にすぎない。2010年は寄付に伴う控除もあって、2160万ドルの収入に対し13.9%に過ぎなかったともいう。

「ブッシュ減税」により配当・長期キャピタルゲインの税率が15%へと引き下げられたため、それらが多くを占めれば通常所得の最高税率35%よりはるかに低い率となるからである。

「バフェット・ルール」を打ち出した投資家ウォーレン・バフェットも、自身の税率は17.4%なのに、秘書はその2倍の税率で税金を払っているという。

金持ち優遇というだけでなく、こうした収入の方が、地に根ざし汗水たらしてコツコツ働いた報酬よりはるかに手取りが多いという話には、その正当性云々以前に、資産運用など無縁の人々には納得しがたいかもしれない。

確かにクルーグマン教授の言うように制度は問題だ。しかし、日本でも高額所得者とされる芸能人の実母が生活保護を受けていたことが問題となっているが、個人の公共性などへの問題意識ややる気、そして何よりもモラルといったものが低下していることも気になるところだ。

オバマ大統領は今年1月の一般教書演説で「一握りの人が豊かになり、大部分が苦しむ国になるのか、誰もが公平に機会を得、公平に負担する社会を取りかえすのか、アメリカの価値が問われている」と述べているが、第2の「金ぴか時代」を本物の「黄金時代」へと変えることなどできるのだろうか。

薄く金箔の張られた石を、金塊に変えられる錬金術師などいるとは思えないのだが・・・。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35329

(以上、JBPRESSより)

アメリカ合衆国 :

イギリスの北米植民地が1776年7月4日に独立を宣言して成立した国家で、独立宣言において全ての人民の権利と平等をうたい政府をその保障手段と明確に位置づけ、かつては奴隷制のような矛盾を抱えつつも、ロックらの人権思想を理念的基盤として歩んできた歴史を有する。
少数のネイティブ・アメリカンと呼ばれる先住民以外の国民は、主にユーラシア大陸からの移民もしくはアフリカ大陸から奴隷貿易によって強制連行された者の子孫である。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です